世界の片隅で紡ぐ音楽 誓い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある日のこと

まだ生まれて半年の息子を抱き上げてあやしていた時のこと。

どうしようかと思案の末、ふと自分が息子のために作った歌を口ずさんでみた。

まだ言葉も何も解さない息子は、黒々とした目で不思議そうに僕の顔を見ていたが、

やがてニコッと笑ってくれた。

「生まれてきてくれてありがとう」

そんなことを心から思った瞬間でした。




スポンサーサイト

「誓い」

新曲をアップしました。

前にも書いた通り、今回の曲は個人的な思いに根差したものなので、結構恥ずかしい。
あまり聴いてもらわなくてもいいというか(笑)ならなぜアップしたんだっていう話ですねw





何事もなければ、陽の光が日に日に暑さを増す頃、僕は父親になります。

モニタリング

今日から新曲をiPodでモニタリングし始めました。が・・・・・・・。

いろいろとミックスをいじっている間は「これでいいかな」と一度は思うのですが、出来上がったものを何回も聴いていると「これでいいのだろうか」と感じてきてしまいます。音圧が低く感じたり、音符のずらし方が気に入らなくなったりとか。

前回の「エンドレス」でようやく気が付いたのは、ボカロ曲ではやはりボーカロイドの声の処理がミックスを大きく左右するということ。オケの段階で上手くミックスできても、ボーカロイドを入れたとたんに音がうねったり、バリバリとクリッピングしたり、という事態に陥ります。

キャプテンミライさんのASCII.jpでのレクチャーでも、声の粒を揃えることがキモと書かれています。特にコンプレッサーの設定は非常に興味深い。私、コンプをこんなに深くかけたことなかったです。

現時点の最新版は、これはこれとして置いておいて、明後日の休みの日にでも別テイクとして1からミックスのやり直しをしてみて、良い方を完成版にしようと思います。

産みの苦しみ

本当に今回はのたうち回ってます。作詞の難しさを痛感しています。1月中は無理、ということが決定しました。

歌詞にして言いたいことははっきりしてるのに、アウトプットができない。そりゃそうだ、アウトプットする練習をほとんどしてませんからね。仕事で資料を作る時の作文にはめっぽう強いんですが、ムダを削ぎ落として理路整然とした文章を作る能力は、作詞にはまったく役に立ちません。

うーん、なかなか言葉にならないなー、なんて考えてたら、小田和正御大の「言葉にできない」なんて曲があるじゃないですか。あれ反則ですよwww

だってサビからして「ラーラーラー ララーラー・・・ 言葉にできない」ですからね。一番の聴かせどころが言葉になってない。でもね、誰も突っ込めないですよ。それくらい「言葉にできない」ことなんて沢山ある。当たり前過ぎて誰も書かなかった歌詞を、御大がサラッと書いて歌っちゃった、というのがこの歌なんじゃないかと思います。



twitterでもちょっと話題になっていたSound & Recording誌のドリカム中村正人氏のインタビュー、私も発売日に本屋で見かけて購入して読みました。僕らの世代の人達なら、デビューの頃から知っているバンドのサウンドメイクの主役。吉田美和の圧倒的な存在感と歌唱力の陰に隠れて、これまであまり明かされてこなかったサウンド制作の裏話が沢山語られています。

「すべては吉田を世に送り出すため」という自己犠牲的な献身には本当に頭が下がりますが、中村さん低姿勢過ぎますよww 「メジャーデビューしたらプログラマーが付くのかと思ったら『自分たちでやって』と言われた」とか、「TM Networkに憧れてハリボテの機材を積み上げてみた」とか、飾らないエピソードがとにかく面白い。またアレンジの面でも生楽器で実際には弾けないようなフレーズでも、曲にフィットすると判断すればそのまま打ち込んじゃうなど、結構自由にやってるとのこと。

ドリカムは何枚かCD持ってるけど、結局最初の方の「Million Kisses」とか「WONDER3」が好きですね。曲がストレートで難しくないし、吉田美和の歌い方もこの頃が一番好きかな。

オケ完成?

新春バーゲンていつまでなんでしょうね?

だいたい年明けから最初の週末あたりまでが初売りバーゲンで、最近はその後間髪入れずにクリアランスセールと称して、長いところでは1月末までやるみたいですね。消費の冷え込みが激しいせいか、バーゲン期間は年々長くなっている気がします。

というわけで、今日は仕事用のスーツをセールで買ってきました。いつも行きつけのセレクトショップで買うことが多く、今日もその店です。私の着る大きめのサイズは結構売れ残っていて、おかげで良い買い物ができました。

とにかくこの一週間はかなり忙しく、ブログもつぶやきもほとんど書く暇がありませんでした。でもテレビのニュースで東京地検特捜部の応援をしながら、曲作りは進めていて、「大体こんなもんかなぁ」というところまで来ました。そろそろ歌詞を考えようかと思います。

エレクトロニックな音を、なんて書いてましたが、できあがってきてみるといつの間にか「ど」のつくほどのアコースティックな感じになってしまった・・・・・・・。これはあれだな、正月に「のだめカンタービレ」の映画なんか観たからだな。

さてさて、最近本当にボカロ曲聴いてなくて、ボカロPでありながらボカロ界に最も疎い自信が満々な私ですが、注目している人の最近の曲の中ではこれが非常に印象に残りました。



このピアノの使い方は素晴らしい。かっこいい曲だなぁ。さすがですね。
プロフィール

hypersaw

Author:hypersaw
ピアプロでは「hypersaw」、ニコニコ動画では「カップラーメンP」として活動中の週末音楽家。リンク、コメント、大歓迎です。

カテゴリ
最新コメント
hypersaw@twitter
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。