世界の片隅で紡ぐ音楽 いいな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝感激

まさかSeven Colorsの動画作成の裏番組で、こんなものが作られていたとは思いませんでした。



butter_flyさん、あなたって人は・・・・・・・無茶しやがって・・・・・・。(感涙)

「いいな」のミク版とレン版を、懐かしさのあふれるストーリーできれいに結びつけています。出てくるミクは美人でかわいいし、ちょっとアンニュイな雰囲気のレン君は大人びていてカッコいいです。大いなるご謙遜で「残念な絵」とかおっしゃってますが、ホントに素晴らしいです。

私の技術不足で、音圧の弱い音源を使うことになってしまったのが非常に申し訳ないです。

高校時代って、何か1つのことに妙に熱くなれる情熱と、いろんなものに対して斜(はす)に構えるような冷めた感情が同居している時期ですよね。この動画にはこの年頃に特有なそういう雰囲気が上手く封じ込められていると思います。

ということで、曲はどうでもいいので絵を是非観てください!

【拍手レス】

>いつも素敵なトランスをありがとう!
こちらこそ、いつも聴いてくださってありがとうございます!
これからもよろしくです!

スポンサーサイト

「いいな」 feat.鏡音レン



ニコニコ動画にアップしました。こちらも再度ミックスを頑張ってみたのですが、ちょっとボリュームが小さくなってしまったような・・・・・・。

レン君の声は、耳障りだったノイズを除去し、さらに聴きやすくなったと思います。

イラストはピアプロに個性的で魅力的なイラストをアップされているモケケさんの「鍵盤少年」という作品を使わせていただきました。ありがとうございました。

「いいな」のアレンジについて

「いいな feat.レン」は、忘年会の隙間を縫ってコツコツと作業を進め、昨日ムービーが完成しました。今晩エンコーディング作業に入ります。うまくいけば今日中にアップします。

さて、この曲のアレンジについてのお話が途中になっていましたね。

間奏で使っているシンセ音は、Synth1のプリセットをそのまま使っています。とてもいい音で気に入っています。Synth1についてはDTMマガジンでも音作り講座の連載があるので、色々な使い方を勉強していきたいと思っています。

そしてこの曲の盛り上がり部分、「本当は怖くて~」という部分のアレンジですが、実はかなり手抜きをしています。ティンパニーの連打とシンバル音がクレッシェンドしていく部分は、ネットで見つけたドラムロールの効果音を使っています。そう、「ドロドロドロドロ・・・・・ジャン!」っていうやつです(笑)

そこにリバーブキックス、ベース、ストリングスの裏メロディを重ね、低音と高音で伴奏の厚みを出しています。

この曲はピアノが中心になっていますが、ピアノの音はアタックとその後の減衰部分とのボリュームレベルの差が大きいせいか、アタックとボーカルが重なった時にクリッピングノイズが出やすく、ミックスに非常に苦労しました。コンプレッサーやイコライザ等を使っていろいろと調整をしてみたものの、結局満足できるミックスになりませんでした。

今後また勉強を重ね、再度ミックスにチャレンジしてみたいと思っています。

写真って難しいね

leaf

この週末、買い物がてら「いいな feat.レン」の動画に使う写真を撮りに出歩いてみました。

で、結果分かったことは、「写真って難しい」ということでした。普通に撮ったのでは、本当にただのスナップ写真になってしまいます。なぜだろう、といろいろと考えて1つ分かったのは、当たり前ですけど視点がすべて自分の目の高さになっているということ。結局、大部分の人が見ているのと同じ風景を切り取っているに過ぎない訳です。

まあでも、これはこれで、後々自分がこの街に暮らしていた証にもなっていくでしょうから、その拙い写真をそのまま使おうと思っています。でも楽しかったなぁ。ちょっと寒かったけど、天気も凄く良かったですし。こういう経験をしてしまうと、いいカメラが欲しくなっちゃいますね。

一目で「これはあそこだ」と分かるような写真は撮っていないつもりですが、それでも場所が分かっちゃう人は多いだろうなと思います。

というわけで、動画は今週のどこかでアップしたいと思います。

「いいな」 ニコニコ動画へアップ

夏以降、Cosmic Velocityとともに制作を進めてきた「いいな」の動画が完成しました。
作詞の野分さんによるイラストが曲にとてもマッチした、優しい雰囲気の動画になりました。



この曲は自分の持ち味と未熟さの両方が強く出た作品だと思っています。
決してニコ受けするような曲調ではありませんが、今この時代に、この歌詞が一人でも多くの人の心に届くことを願ってやみません。
プロフィール

hypersaw

Author:hypersaw
ピアプロでは「hypersaw」、ニコニコ動画では「カップラーメンP」として活動中の週末音楽家。リンク、コメント、大歓迎です。

カテゴリ
最新コメント
hypersaw@twitter
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。