世界の片隅で紡ぐ音楽 お気に入り音楽

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安室奈美恵 「Contrail」

ジャカルタには「ジャカルタジャパンクラブ(JJC)」という日系企業団体があって、大きく分けて法人部会、個人部会という2つのセクションがあります。その名の通り、法人部会は日系法人が会員で、個人部会は個人が加盟して会員となります。

この個人部会会員向けに、JJCの事務所では各種図書の閲覧・貸し出し、ドラマ・映画等のDVDの貸し出しを無料で行っています。

我が家も本やDVDをよく借ります。DVDはちょっと前のドラマであったり、必ずしも面白いドラマではなかったりしますが、運がいいと「半沢直樹」のような大ヒットドラマのDVDを借りることができたりします。

先日借りてきたのは、2013年4~6月期に放送されたTBSドラマ「空飛ぶ広報室」。いくつかのドラマレビューブログでの評判を見ていたので、期待に胸を膨らませて見ました。

ストーリーにいろいろと細かい注文はつけたくなるものの、実際の航空自衛隊の機材を使った映像は迫力満点で素晴らしく、また空幕広報室を中心としたキャスティングの妙とキャラクター1人1人にまつわるエピソード、綾野剛と新垣結衣演じる空井大祐、稲葉リカの不器用な恋の行方など、とても楽しめる内容でした。

2013年は、NHKドラマ「あまちゃん」での東日本大震災の描かれ方が話題となりました。このドラマでも震災が扱われています。これまであまり報道されてこなかった、松島基地を中心とした自衛隊から見た震災が、控え目に、しかし強い説得力を持って描かれています。

自衛隊という特殊な組織に属する人々を描いた作品ですが、彼らも普通の人であるし、自衛隊もまた普通の企業とそれほど大きく変わらない組織なのだということが良く分かるという意味でも、鑑賞をお勧めしたいドラマです。

このドラマの主題歌は、安室奈美恵の歌う「Contrail」。Contrailとは飛行機雲のことで、青空を切り裂いて飛ぶ飛行機を彷彿とさせる、「突き抜け」感のある曲に仕上がっています。



近年の安室奈美恵はR&Bやヒップホップっぽい曲が多いのかなと思っていました。が、この歌はそういう路線とは少し趣を異にしています。トランスっぽい音使いもちらほらあって、爽快なサウンドです。改めて彼女の最近の曲をいろいろと聴いてみたいと思うようになりました。

個人的に惜しいのは、やや音がショボい(特に低音)のと、エンディングがダサいこと(笑)。音のショボさというのは宇多田ヒカルもそうなんですけど、ボーカルの力強さを最大限活かすためにそうしてるという面もあるかと思います。でももうちょっとどうにかならんかな、と。
スポンサーサイト

Let It Go

ディズニーの新作映画「アナと雪の女王」が話題になっていますね。特に各種媒体で紹介されている、この映画のハイライトともいえる曲「Let It Go」、ディズニーのミュージカル仕立ての映画の王道ともいえるメロディ、アレンジ、編曲で、今回も素晴らしい曲を作ってきたなぁと思わされます。

英語のオリジナルバージョンはイディナ・メンゼルという歌手が歌っていて、映像のリップシンクも完璧、この歌の動画だけで視聴者のハートをがっちりつかむほどの出来です。

日本語吹き替えでは女優の松たか子が歌っています。



彼女、声がいいし歌も上手い。そしてこういう力強い旋律の歌も歌えるんだなと思いました。ただ英語版に比べると歌の中で演技する、ということについてはもう少し頑張ってください、といったところでしょうか。

ところで私が一番驚いたのは、もう1人のヒロインの声を当てている神田沙也加。セリフ、歌い方、声の張り、本職の声優でもここまではなかなかいかないのでは、というレベルで、彼女自身の努力ももちろんあるでしょうが、私からするとやはり母親・松田聖子から引き継いだ才能というのがあるのかな、と思わされます。



これだけの力のある楽曲だと、ニコニコ動画での「歌ってみた」でもさぞ盛り上がってるんだろうな、と思ったら、やはりいろいろと動画がありました。しかしhypersaw的視点で選ぶとするとやはりこれかな。



マチゲリータPによるアレンジ。素晴らしい。歌も上手い。しかもイケメン(らしい)。彼は最初、チーターマンのアレンジなんかをしてた時はトランス指向のアレンジを手掛けていたように記憶しています。その後ボカロを始めてからは、若干ホラーテイストのある曲をやるようになって人気を博しています。このLet It Goも彼の作風がこれでもかと出ていて、聴きごたえのある曲になっています。

再びのニコ厨

LTEモバイルWIFI「BOLT!」を手に入れて以来、移動中の車の中では動画を観ることが多くなってきました。揺れる車内で動画を凝視するのは乱視を助長するのであまり良くないんですが・・・・・・。

あまり快適に観られないということで、ニコニコ動画のプレミアム会員を脱退したことは以前書きました。でもこれだけのスピードが出るとなると、またプレミアム登録しようかな、と考えている自分がいます。

最近見た動画をピックアップ。



あまりにも滑らかで生きているかのようなモーションを見せる百舌谷さんのMMD動画。モーションデータが公開されているため、巷にはいろんなMMDキャラで躍らせた動画が出回ってますが、本家はこれ。時間を忘れて何回も観てしまいます。百舌谷さんはこの動画の作者としても超有名。



最近のMMD杯を観ていて、次のような動画があまり出てこないのが残念。ボカロPだけでなく、MMDerも世代が入れ替わって、最初に活躍していた人がどんどん去っていってるような気がしますね。「Melody...」3DMVのUssyさん作。熱いです。



見つけた当時、CLAMP降臨と同じくらい驚いたのがこれ。



こんな展開あるんですね。マンガ「シャーマンキング」の作中に登場する詩に曲を付け、ミクに歌わせた作品が原作者の目に留まって実現したらしい。ニコ動ならでは。良い声です。

今度、時間があったら原作マンガを読んでみたいと思います。

進撃の初音ミク

最近また色々と新展開の出てきている初音ミク界隈です。

まず最初に海外展開。クリプトン・フューチャー・メディアが初音ミクの創作文化を世界に向けて発信する総合イベント、「HATSUNE MIKU EXPO」を世界各地で開催する、ということ。その第1弾として選ばれたのが、なんと私のいるインドネシアのジャカルタ!

JKT48の時も思ったんですけど、なんかこういう時、インドネシアってアクション早いんだよな。仕事全然しないくせに。

当初、開催予定の5月28日、29日は日本に一時帰国する予定だったのですが、スケジュールが変わって予定が空いたので、何とか調整して会場に足を運びたいなと思っています。夜の部のコンサートはちょっと難しいかな。

次に、このブログでも何度か触れたBUMP OF CHICKENが、最新曲「ray」で初音ミクとコラボ。

)

BUMPのメンバーはもともとアニメ好きで知られていましたし、アニメの主題歌なんかも喜んで引き受ける人たちなので、こういう企画は特に驚きませんでしたが、出来上がったこの映像を見て、「うーん」とうなってしまいました。悪い意味で。

絵的に、これ、何か新しいですかね・・・・・?初音ミクが楽曲に合わせてリアルタイムに踊ってるとか、そういう舞台裏での進化はあるんでしょうけど、初音ミクのコンサート映像なんかを見慣れた人間からすると、せっかくの「日本を代表するバンドとの競演」という大きな企画なのに、ミクの方は「相変わらずこれなのか・・・・・」という印象です。MMDのバンドMVの方が、表現の革新という意味ではずっと先を行ってると思います。

ま、愚痴はこれぐらいにして・・・・・・

曲紹介。

Clean TearsさんがV3ミクを使って、自身のFar awayをリミックス。懐かしいですねー。


粒子PがioquePの「Reminice」をリミックス!これは鳥肌が立ちました。自分もこの曲に惚れてリミックスしただけに、凄く嬉しかったですねぇ。もっと伸びて欲しいです。

ボカロトランス万歳

インドネシアに来て4年目にして、ニコニコ動画のプレミアム会員を脱退しました。

今、私の住んでいるアパートのインターネットの回線スピードはベストエフォートでたったの2MB。スカイプはかろうじて使えますが、ニコニコ動画のPVのついたボカロ動画はまずもってストレスなしには見られません。これでは会員費を払うだけ無駄です。

で、脱会してみると、低画質の動画になるため、案外快適に視聴できるようになりました。ただ、最近はプレミアム会員のみ視聴可能な動画が増えているので、観られない動画が多くなってしまったのは残念です。まぁ、ニコ厨する時間もあまりないので、実害はありませんが。

最近聴いたトランスマスター達のボカロトランス曲をご紹介。素晴らしい曲なのでぜひ聴いてみてほしいと思います。



一時期ボカロを引退していた粒子Pのトランス。これまでの曲に比べるとBPMが速く、しっとりした歌詞の割にはノリのよい曲になっています。粒子Pのリバーブの処理の上手さにはいつも感服させられます。鼻そうめんPもツイートしてましたが、この人の曲はもっと評価されてしかるべきです。



Clean Tearsさんと言えば、初期のDragoonからとても大好きなプロデューサーさんなんですが、今回も素晴らしい曲を作ってくれました。欧州のトランスかと思うようなこなれたメロディライン、浮遊感あふれるブレイクからの盛り上がり、トランスの魅力がたくさん詰まった1曲です。iTunesでアルバムを買おうかなと思っています。



Clean Tearsさんの作品からもう1曲。こちらはIAを使用したトランス。IAのちょっとすました感じのボーカル、他のボカロにはない感じでいいですね。軽音楽部というよりは合唱部みたいな歌い方です。

プロフィール

hypersaw

Author:hypersaw
ピアプロでは「hypersaw」、ニコニコ動画では「カップラーメンP」として活動中の週末音楽家。リンク、コメント、大歓迎です。

カテゴリ
最新コメント
hypersaw@twitter
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。