世界の片隅で紡ぐ音楽 2008年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お待たせしております

cm







スポンサーサイト

リンさん用の曲を作ってみる(2)

うーん、この企画は手を出すべきじゃなかったなぁ。苦手な作詞を並行してやる羽目になってしまいました。

前回作ったのは、Aメロとしては短いので、ここでちょっとしたテクとして、「2回繰り返し技」を使います。ただし、そのまま2回繰り返すのでは芸がないので、2回目の末尾をBメロにつなぎやすい形を意識しながら変えます。









私はこれを勝手に「サザン進行」と呼んでます。まぁ、サザンオールスターズの曲に限らず、J-POPにはこういう形の曲は多いですよね。そんなに聴いたことがない曲なのに、カラオケでなんとなく歌えてしまう形式です。

今回はリズムにもうひとつ弱めのスネアを入れて味付けしています。そしてボーカルを乗せたのがこちら。









今回は新たに足した部分で数か所、ボカロエディタで子音と母音を分解しています。その他は前回と一緒です。歌詞は前回のものをちょっと変えて、2回目につながるようにしてみました。途中、リンさんのアドリブのような外しを入れてみました。楽譜を見せたら、リンさんに「これじゃつまんな~い」とか言われて俺涙目wwwwwwという設定。

次はBメロなんですが、アップ時期は例によって未定で~す。
ではさようなら~。

リンさん用の曲を作ってみる(1)

今日は簡単な曲作りのプロセスを公開する、という試み。
出来がよければ、最後まで曲にしてみましょう。ちなみに不定期連載ですので、続きはあまり期待しないでください。いきなり全く違う曲に置き換わる可能性もあります(笑)。

今回はAメロです。まず、ピアノで和音を並べます。今回はピアノを習い始めるとまず覚える、(1)ドミソ(2)シレソ(3)ドファラの3つの和音を、(1)→(2)→(3)→(2)の順に並べます。









次にピアノでメロディを付けます。BPMは85、ゆったりとしたロックバラードのような雰囲気を念頭に置きます。私の中では、最近聴いて感動したジェイムス・ブラントの曲のような感じですね。









これにリズムとベースを入れます。リズムは簡単な8ビート、ベースはルート弾きといって、コードの一番下の音を弾いていきます。音程の変わり目にちょっとロックっぽいニュアンスを入れます。
---追記---
後で聴いてみたら、ベースは完全なルート弾きにはなってませんね(汗)。(3)の和音の部分のベースは一番下のドの音ではなく、一番上のラの音をオクターブ下げて弾いてます。その方がニュアンス的に良かったので変更したのでした。









最後にメロディをボーカルに置き換えます。今回は鏡音リンちゃん。歌詞はテキトーですので、続きがありません(笑)。









このリンの声はACT2のベタ打ちで、ボーカロイドエディタ側では何の調整もしていません。DAW側でコンプレッサーとリバーブを入れているだけです。歌詞の発音の構成がよほどマッチしたのか、ミクさん並みにきれいに歌ってくれてます。

ここまでの所要時間が大体40~50分くらいです。

次回は未定です。ではさようなら~(スタコラサッサ)

お勧めミクトランス

こういうトランスも凄くいいですねぇ。特に2:00あたりからの展開は鳥肌が立ちます。
ミクの曲としてだけでなく、トランスとしても非常に上質です。



「トランスはうるさくて嫌だ」という方にこそ聴いてほしい曲です。

進捗(その2)

ふぅ。何とか5分弱のところまで来たぜ。(←すでに息切れ気味)

新しいことをやっていないためか、どうも最近集中力が持ちません。「いいな」の動画化に向けた再MIXにもまだ手が付いてないですし。まあ、こちらはイラスト作成中なので、まだサボってても大丈夫ですかね。

集中が切れると、ニコ動でわかむらPのアイマスMADを見に行ってしまう、すると抜けられなくなる、そして制作が進まない、という悪循環。この人ほんと凄い。プロのビジュアルクリエイターという噂もあるみたいです。動画見てるのが楽しくてしょうがないんですよね。TRFの「Where to begin」がヘビロテ。5人が一斉に踊るシーンが凄い迫力。まさに「全体的にどうなってんだ」という映像です。



いやいやいや、俺はそういうことを報告したいんじゃなくて。

Cosmic Velocityは全体で6~7分くらいの長さにしたいと思っています。これからshort ver.にはなかった新しい展開部分を作っていこうと思っているので、もう少し楽しい作業になるかもです。正直、既存の部分は聞き飽きてしまい、いたずらに耳が疲れるだけなんですよね。

ところで、トランスでは「シュワワ~」っていう、いわゆるSWEEP音がよく使われてるんですが、あれって皆さんどうやって作ってるんでしょうかね?

FL Studioのトランスのテンプレートには、あらかじめSWEEP音がチャンネルにセットされており、それをフランジャーみたいなエフェクトで加工して使え、ということらしいのですが、今ひとつイメージ通りの音にならないんですよね・・・・・・・。サンプリングCDか何かからWAVファイルを持って来ちゃった方が早いのかな。

動画化のこともぼんやり考え始めています。今回はちょっと長めなので、イラストを使わせていただくにしても量が要ります。そこでイラスト募集をしてみようかなぁと思っていたのですが・・・・・・。

ピアプロで「イラスト募集」タグの付いた曲を見てみると・・・・・・い、意外とイラストの応募がない曲が多い(汗)。これはキツいな。とてもじゃないけど描いてもらえるとは思えない。意気消沈してしまいました。どうするかはもうちょっと後で決めることにします。

思うところをつらつらと・・・・・・

「すんzりヴぇrP」というP名で有名なsunzriverさんという方がいらっしゃいます。

この人のブログ「イマニミテオレ」(URLはググればすぐ分かるので貼りません)がとても好きで、読むのが日課になっています。

記事の内容等から、私と同世代なのではないかと推察しています。京都の人で、記事はもちろん、曲も京都にちなんだものが多くあります。実は私も人生の一時期を京都で過ごしていたということもあって、懐かしい思いでブログを拝見しています。

当時の私はもちろん今ほどいろんな音楽を聴いてはいなくて、sunzriverさんのご実家の「拾得」は知りませんでしたし、「磔磔」はポスターのロゴのトゲトゲしさ(笑)が記憶にある程度、京大西部講堂なんて「何で国立大学の中に寺が」なんて見当違いな認識しかありませんでした。

「くるり」というバンドの名前が知られるようになった頃には、私は京都を離れていました。そして今、ボーカロイドで曲を作るようになってから、当時の自分のすぐ近くにあったのに気付かなかった京都系サウンドの流れにいらしたsunzriverさんの存在を知ることになったというのは、なんとも不思議な感覚です。

ボーカロイドのムーブメントが音楽界からも一定の注目を受けているのは、sunzriverさんのような方々がいらっしゃることも理由の1つだと思います。sunzriverさんの曲はどれもボーカロイドの曲じゃなくて、「sunzriverの曲」なんですね。どれも凄くて、ボーカロイドファンならずとも一度は聴くべき音楽ばかりなのですが、特に好きな曲(しかも両極端)を2つほどリコメンド。

歌詞がとても好きな曲。


音から構成まで、何もかもが凄い。こんな曲、多分誰も作れません。

キターーーーーーーーーーーーーーーーーッ!

やべー、この人天才だわwwwwwwwwww



織田裕二本人からもモノマネ芸人としての先行きを心配されている(笑)、山本高広のモノマネとはwwwwwwwwww
シリーズになってますので、マイリストから他のも見てみることをお勧めします。

実はピアプロにも2つほどアップされているんですね。そのうちの1つがピアプロオリジナルのネタ。こちらも必聴です。

でもね、この人、ガチのオリジナル曲もすごいんですよ。ハイレベルなチップチューン。
いやもう、参りました(笑)


徒花 バラードバージョン

MP3ファイルをアップしてみるテスト。









これまでの曲をアップするのでもよかったのですが、それだとつまらないので、ブログに来てくれた方へのささやかな感謝の気持ちとして、「徒花」の別バージョンをちょびっとだけ作ってみました。

まあ、本来はこういうアレンジですよね。この歌詞には。ちょっとワールドミュージック系を意識した編曲にしてみました。FL Studio8は結構音質も良くなってるかも。

進捗

Cosmic Velocity long versionの進捗。

・SUPERWAVE P8の使用は、結局ベースの1音のみに減らして、さらに様子見。
ベースの音を変えてしまうと曲の印象がかなり変わってしまうため、我慢して使う。
・イントロからミクの歌の入りまで、ほぼ構成を決める。
・saw系サウンドのシーケンスを見直し。より分厚くなるように組み替える。
ちょっといい感じになった。

雑感

・やはり一度「完成」と自分の中で区切りのついた曲の再構築は、モチベーション維持が大変。
別の曲が作りたくてしょうがない。
・リンさん用の曲をどうしようかなぁ。個人的にはピアノとストリングスだけのシンプルなバラード
が案外似合うような気がしている。ピアプロ内の素晴らしいリン・レンのイラストを使ってみたい、
というのも、リン・レンを買った理由の1つ。

週末レジャー

たまにはこんな記事も書きます。

一昨日の日曜日、男子プロゴルフツアーの「キャノンオープン」を観に行ってきました。

golf

いやー、すごい人でした。TV中継では1万2千人の観客だったと言ってました。試合は最後までもつれる白熱した展開で面白かったです。世間では女子ゴルフ女子ゴルフと騒いでますが、やはり男子の方が迫力があって、私は好きです。hypersawはゴルフ好きのオサーンです(笑)

そして昨日の月曜日は、予告通りバス釣りに行ってきました。

私がよく行くフィールドは、この季節になると閑農期に入った農家のおじさん達が大挙してヘラブナ釣りに繰り出すため、バス釣りの人とのポイント争奪戦になります。そのため、まだ日の昇らないうちから家を出て、ポイントを先におさえる作戦を敢行。

バスロッドとタックルボックスを車に積み込んで、夜の首都高をひた走る。BGMはもちろんこれ。


曲の頭から1分くらいのところの、リードシンセが「チャッチャラッタラー・・・・・」って入るところがむちゃくちゃ好きなんですよ。思わずアクセルを踏み込んでしまいます。

ポイントについてみると・・・・・確かにヘラおじさんに先行することはできたんですが・・・・さ、寒い!そして暗い!暗くて糸を結べねぇー!www
朝晩と昼の気温差が激しかったせいか、釣果はちっこいバス2尾のみ、と非常に厳しい結果でした。思わず小バスに「君たちのお父さん、お母さんはどこにいるのかね?」と聞きましたからね。

bass

リグはゲーリーヤマモトのイカグラブのノーシンカー。まあ、魚を見失っていたというのもあるんですが、フィールドにあまり出てなかったせいか、技術、勘がずいぶん落ちていました。頑張って取り戻さなければ。

家に帰って、エリーシャさんのブログの記事を見た俺涙目wwwwwwwwwwww
文字通り、私の世界に雨が降ったのは言うまでもありません。
プロフィール

hypersaw

Author:hypersaw
ピアプロでは「hypersaw」、ニコニコ動画では「カップラーメンP」として活動中の週末音楽家。リンク、コメント、大歓迎です。

カテゴリ
最新コメント
hypersaw@twitter
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。