世界の片隅で紡ぐ音楽 2009年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

制作快調

いやー、ルカさん祭り、凄いですね。みんないつ寝てるんだっていう。

そんなピンク色のサムネが並ぶ祭りを横目で見つつ、徒花remixの制作は快調に進んでいます。

この過疎ブログのアクセス数が、デモ動画を掲載したあたりから倍くらいになっていてびっくりしています。

やはりメロディ、コード進行等のデータがすでにある曲なので、大体の方向性が決まってしまえば作業は早いですね。途中でミクさんの声を当ててみたりしてるんですが、これがなかなか良いのです。

3曲目のオリジナル曲ということで、まだ調声の勘どころがつかめていない頃の声なんですが、所々にゾクッとするような響きが出ているところがあって、自分自身今でも徒花のミクの声が一番好きだったりします。

もう何回聴いたか分からない「徒花」という曲をリミックスしていると、自分がいかにこの曲を愛してやまないか、ということを改めて感じます。自分で作ったどの曲にも言えるんですが、作った本人が一番のファンなんですね(笑)。たとえ自画自賛と笑われようとも、これからもこうして自分が作った曲達を一生愛していくんだろうなと思います。
スポンサーサイト

nanoKEYレビュー その1

本格的にnanoKEYを使い始めました。

今回の徒花remixのデモでは、笛の音のメロディラインをnanoKEYで弾きながら作成しています(最終的には打ち込み)。これはnanoKEY特有のことではなく、鍵盤であれば同じ事ができるので、nanoKEYのオススメポイントにはなり得ないのですが、パソコンを操作するような感覚で使えるのはとてもいいですね。

特にFL Studioのようなパターンを組み上げて曲を作るようなDAWだと、パターンをリピート状態にしながらnanoKEYを弾いてメロディを煮詰めていくことができるので、凄く便利です。

やや不満の残る点としては、肝心のキーの使用感があまり良くない。具体的にはタッチが硬すぎるのと、剛性に不安があります。前者はこういうツールでベロシティをしっかり出そうとするとこうするしかないのかな、と思いますが、後者はたまにキーをグッと押し込むと「パキッ」という、外れたパーツがハマるような音がするときがあり、キーの取り付け部分のヤワさが伺えます。この辺りはもう少し楽器屋さんらしいこだわりを出して欲しかったな、と思うところです。

ただし、この小ささで鍵盤入力ができるという利点は、欠点を補って余りある。使わない時は引き出しなんかに放り込んでおけます。コンセプトメイキングの勝利ですね。

Japanesque mix 【DEMO】


徒花 Japanesque mix

FC2動画のテストも兼ねてアップしてみました。ミックスバランス調整が不十分で聴きにくいですが、あしからずご了承ください。

制作開始

やべー、Trance around the worldを聴くのが楽しくてしょうがないです。満員電車での長時間通勤が全く苦になりません。トランス好きで良かった(笑)。

昨日から本格的に徒花remixの制作に着手しました。タイトルをどうするかまだ決めていないので、それまでブログでのカテゴリ名は「徒花remix」にしておきます。個人的には「Jananesque」という言葉が好きなので、「Japanesque mix」にしようかな。

本家「徒花」の5,000再生御礼として作るということと、メロディ、歌詞がすでに出来上がっている、ということもありますので、あまり時間を掛けずにシンプルに、でも情緒たっぷりな仕上がりにしたいなと思っています。

音源はFL Studio8付属のものを中心に、Synth1、SampleTankを追加。まずはイントロから歌の入りまでのモチーフを作りました。自分が過去に作ったメロディを改めて見つめ直すのはとても興味深い作業です。自分ではそれほど和風じゃないと思っていたんですが、別のアレンジを当ててみると、かなり純度の高い和風メロディだったことが分かりました(笑)。

とりあえず「作り始めたよ」という意味で、このイントロのモチーフを後ほどここに公開しようと思います。

たまには音楽以外のことなど

■痛車

週末に道を歩いていたら、交差点を1台の車が曲がって来ました。
ボンネットにミクのデカールを施したスカイラインクーペでした。
た、確かに痛い(笑)。乗ってる人は特別ヲタな感じはしませんでしたが、有名Pだったりして。
おそらく高確率でピアプロにはいらっしゃると思います。

■マンガ

この前、愛読しているマンガの単行本の最新巻を買ってあったのに、同じのをまた買ってしまったorz
マンガは好きです。今、単行本を買ってるのはこんな感じです。

・「GIANT KILLING」 ツジトモ
 今一番好きな作品。個人的には「キャプテン翼」を上回る傑作サッカーマンガ。
・「もやしもん」 石川雅之
 読むと必ず酒が飲みたくなる。酒がうまくなる発酵学マンガ。
・「働きマン」 安野モヨコ
 作者休養に伴う休載中につき中断。サラリーマンのバイブル。
・「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」 安彦良和
 ファーストガンダムのキャラデザ、作画監督を務めた安彦良和が描き下ろす1年戦争。
 ウチにはこれの18巻が2冊ある。
・「のだめカンタービレ」 二ノ宮知子
 いわずもがなの人気マンガ。これを読んだら音楽で身を立てようと思わなくなります。

■簡単レシピ

先日、猛烈に寿司が食べたくなったので、会社帰りに駅地下の総菜売り場へ。21:00までの営業時間で、20:00を過ぎると次々に値引きシールが貼られていきます。ウニやトロが入っても900円以下。

さて、家に帰って寿司だけ食べてもいいんですが、なんとなくお吸い物が欲しい。というわけで、
・お椀に鰹節ととろろ昆布を軽く一掴みずつ入れる。
・醤油を一回しかける。
・お湯を注ぐ。
これで完成。鰹と昆布の合わせだしのお吸い物です。意外といけるのでお試しあれ。

トランスのお得な聴き方

この週末は久しぶりにHMV→タワレコ→レンタルCD店をハシゴ。ボーカロイドをやってるとボカロ曲しか聴かなくなってしまうので、やはりプロの曲をちゃんと聴かないと。視聴コーナーをぐるぐる回って、最新の音楽をチェック。日本のアーティストだと、「サカナクション」の新譜がなかなかいいですね。

さて、トランスに関しては、実は私はこれまでそれほど多くの曲を聴いたわけではありません。そこで、今後いろんな曲を聴いていくための効果的な方法を考えていたところ、iTunesのポッドキャストに「Trance around the world」という番組が無料配信されているのを見つけました。1回2時間で、たっぷりとトランスが聴けます。私は通勤時間がちょっと長めなので、これは嬉しい。iTunesではこの他にもArmin van BuurenやDJ Tiestの番組も無料配信されているので、すかさず購読登録しました。

こうして最先端のアーティストの作るトランス曲を聴いてみると、私の曲も含め、ニコ動界隈でボカロのトランス曲と言われているものとは大分違います。Cosmic Velocityはダッチトランスのようなアレンジを狙ってみましたが、それでもトランス特有の気持ちのいいノリが出し切れていません。ポッドキャストを教材にして、勉強していきたいと思います。

iPodを持っていて、トランスが好きな方にはポッドキャストはオススメです!

※Trance around the worldについては、こちらのサイトの情報を参考にさせていただきました。

さて・・・・・・

「くもりのち晴れ」をなんとか1月中にアップできたし、ピアプロの公式コラボへの応募もできた、ということで、制作の方はしばらくのんびりペースにしようかと思います。2月はおそらく巡音祭りになるでしょうから、そんな時にミクやリン・レンの新曲を投入してもなんだかね・・・・・・。私もルカの動画をまったりと楽しむことにします。

とはいえ、すぐに作りたくなっちゃうんだろうな。ま、それはそれでよしと。

話は変わりますが、前にちらっと書いたKORGのnanoKEYを近所のヨドバシカメラで買いました。色はブラックです。5,000円でお釣りが来ました。

前にも書いた通り、ウチにはシンセサイザーがあるのですが、制作用PCの近くに置けないという住居事情で、これまでずっとマウスがコントローラーでした(笑)。まだつなげてないので、追々インプレッションなども書いていこうと思いますが、おもちゃっぽい外観にしては意外とタッチが良さそうです。

そして、nanoKEYにはソフトシンセ「KORG M1 Le」と「Ableton Liveディスカウントクーポン」が付いてきました。M1はその昔、凄く欲しかったハードシンセで、楽器屋さんで試しに弾いたピアノの音が凄くリアルなのに感動した記憶があります。M1 Leは1万円弱追加すると、Legacy Collectionにアップグレードできるらしいです。これは楽しみ。

★拍手コメントをいただいたので、ここで返信です。

 コメントありがとうございます!こちらこそありがとうございました。私もブログを拝見しましたよ!
 今後ともよろしくです。

ニコニコ動画にアップしました!



結局、MP4でのエンコードがうまく行きました。なぜうまく行ったのか良く分かってませんが、1つは問題の起こった箇所のイラストをPhotoshopでニコ動仕様の4:3にリサイズしたことと、もう1つはエンコする時にH.264プラグインの設定を若干変えたことぐらいでしょうか。まあ結果オーライってことで。

Cosmic Velocityのロングと今回と、ちょっと思うところがあって、ピアプロの複数のユーザーの方から色んなイラストをお借りすることにしました。

正直、現在のピアプロの投稿作品の内容はかなり混沌とした状態になってきていて、一見ただのボーカロイドファンサイトのようになっているように思います。それは将来的にボーカロイドユーザーを増やすことに貢献するかも知れません。でも、元々のCGMという理念に、少しでも近づいているのでしょうか。

毎日、大量の投稿の中に、丁寧に丹誠込めて作られた素晴らしい作品が、コメント1つ付かないままに埋もれていく。自分はどちらかというと底辺Pですから、「発掘する」なんていうおこがましい気持ちはありません。単純に、「好き」「素晴らしい」と感じた作品を作られた方々に、その思いを「使わせてもらう」という形で積極的に伝えたい。それができるのがピアプロなんですよね。

というわけで、今回は風景画も含めて、「オール・ピアプロ・マスターピーシズ」で動画をお送りいたしましたー。

エンコードがうまくできない

動画を速攻でアップしたいのに、エンコードがうまく行かないー!

実は今回、よりストレスの少ない動画制作環境にするため、Adobe Premiere Elements 7を導入してみました。Adobeの製品は非常にいいのですが、マニュアルがヒドイ。市販のハウツー本が売れるように、わざとそうしているのではないか、と思えるほどです。

Premiereは最初は色々戸惑いましたが、慣れてくるとなかなか快適です。色んな表現方法が簡単にできます。今回はPremiereでの初めての動画ですので、それほど凝ったものにしていませんが、今後様々な機能を使っていくのが楽しみです。

で、一通り動画を作り終わって、ムービーファイルにレンダリング。しかし出来上がったムービーファイルを観てみると、イラストの変わり目で表示サイズを調整しているような動きが入っている。なんじゃこらー!

設定をいろいろと変更してはレンダリングを繰り返し、なんとか除去に成功。そしていよいよAviUtlでMP4へエンコード!できたMP4ファイルを再生。・・・・・・・真っ暗でイラストが表示されない。ウガー!

ニコニコ動画まとめwikiなどを参考に、AviUtl他いくつかのファイルを最新版に更新してトラブルクリア。再度エンコ。そして再生。今度は上手くいったか。しかし、途中で画面が白っぽく変色したりしている。これじゃダメだ。くそー、ここまできてWindowsムービーメーカーの方が良いソフトのような気がしてきたぞ・・・・・。どうなってるんだPremiere。

今回の動画は、「くもりのち晴れ」のために描いていただいたイラストの他、まだリンのオリジナル曲の動画で使われていないと思われるイラスト(「歌ってみた」やランキングのサムネは除く)をピックアップして使わせていただいています。どれも素晴らしいイラストなので、早く皆さんに観ていただきたいのですが・・・・・。誰かエンコしてくれー!

ピアプロにアップしました

新年1発目の曲、「くもりのち晴れ」が完成しました。ピアプロにアップしましたので、聴いていただけると嬉しいです。

最初はどうなるのかと思いましたが、なんとか最後までゴールできましたねぇ。良かったです。リンさんが思いのほか素直にきれいに歌ってくれたので、ボーカル調整にあまり手間がかからず、とても助かりました。

作詞は毎度のことながらとても苦労しましたが、まあこんなもんじゃないかと。時間の流れをちょっと意識した歌詞にしてみました。

動画は「巡音ジェバンニ祭り」が始まる前になんとかアップしたいですね。ですので、今回はスピード重視でピアプロから既存の作品をいくつかピックアップして使わせてもらおうと思います。

お楽しみに。
プロフィール

hypersaw

Author:hypersaw
ピアプロでは「hypersaw」、ニコニコ動画では「カップラーメンP」として活動中の週末音楽家。リンク、コメント、大歓迎です。

カテゴリ
最新コメント
hypersaw@twitter
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。