世界の片隅で紡ぐ音楽 2009年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごあいさつ

さて、今年も残すところあと2日ですね。

カップラーメンPとしての今年の活動は、「楽しめた」、この一言に尽きます。

絵師さんや作詞者さんとのコラボも楽しかったですし、曲作りも去年より一段と楽しんでやれたように思います。結局それが一番ですね。コラボしてくださった方々も、同じように楽しんでくれたならよいのですが。

来年は何かと忙しくなりそうで、これまでのようなペースでは活動できないかもしれませんが、細々とやっていくつもりですので、よろしくお願いします。

来年が皆様にとって、素晴らしい年になりますように。

では、良いお年を。

スポンサーサイト

なるほど

twitterを使い始めて数日ですが、なんとなく分かってきたのは、

(1)1対1、1対多の会話感覚のコミュニケーションツールとして意外と優れていること
(2)フォロー先の選び方がとても重要
(3)検索が楽しい

ということです。

(2)は当たり前といえば当たり前なのですが、実のところ「フォロー」機能というのはブログやHPにリンクを貼るようなものかな、と誤解していました。実際フォローしてみると、フォロー先の投稿がすべてホームに流れ込んできて、読むのが追いつかないw 何百人とフォローしている人がざらにいるみたいですけど、どんな使い方してるんでしょう。全部読んでるのかなぁ。

さて、新しい曲ですが・・・・・・・全く進んでいませんorz 年内は無理だと悟りました。メロディは7~8割完成してるんですけど、残りの2~3割がなかなか決まらずに煩悶しています。なので、他の方の曲をご紹介してお茶を濁すww

定額Pさんの曲が立て続けに2曲来てました。




この方もメロディラインにはっきりと「この人だ」と分かる特徴がありますね。個人的に非常に好きなアレンジです。

ストーキング開始

aska

つまらない会議中に落書き。

twitterのアカウントを取得してみました。
https://twitter.com/hypersaw

どう使えばよいのかが直観的に分からないというところに年を感じてしまった(笑)
人の書き込みをフォローする、というのは、なんだか「今からあなたをストーキングします!」と自己申告しているような気分になりますね。

あまりつぶやかないアカウントになるかもしれませんけど、よろしくです。


エヴァつながりで動画をご紹介。



これ、上智大学の有名なダンスチームらしいんですけど、キレが半端ないですね。
ダンスのところどころにちゃんとエヴァを意識したポーズが入っているのがニクイです。
でももっと好きなのはこっちだなww

いろいろ

■DTMマガジン

うぉー、あぶねぇあぶねぇ。あやうく買っちまうところだったぜ。

立ち読みしようと本屋で表紙を開いた瞬間、FL Studio9の特集が。うう、これは強力だが何とか耐えた。しかし次の瞬間、ミクAppendのデモ版付属・・・・・・だと?

かなり心が動きましたが、PCにすでにインストールしてあるVOCALOID2とは別に、デモ版用のVOCALOID2がインストールされることが分かり、思いとどまりました。大体、インストールから14日しか使用できないというのが、暇の少ないサラリーマンにはつらい。

DTMマガジンは強力なVOCALOID支持媒体で、今月号からはVOCALOID関連記事がすべて巻末に集められて、とても読みやすくなりました。でもあまり読み応えのある記事は・・・・・・・。

■ソフト音源

前にちらっとパチンコエヴァのことについて書きましたが、儲かったお金を原資にソフトの買い足しを検討中。候補は2つあって、1つはreFXのVanguardの音色の買い増し、もう1つはドラム音源。

Vanguardは最小構成で購入したため、プリセットがやや寂しい状態でした。何と言ってもネットでダウンロード購入できるのが便利です。ドラム音源はFLのやや苦手な部分で、特に生演奏っぽいトラックを作ろうとするとちょっと不便。候補としてはSuperior DrummerかEZ Drummerかなぁ。予算的にはどっちもいけます。

■さすがに

twitterのアカウントを取らなければならないかなぁと思い始めています。最近、いろんな公式サイトにもtwitterのリンクが貼られていて、そのうちtwitterでないと得られない情報が多くなるかも知れません。

手詰まり

年末に向かって街がクリスマスとか年賀とか、そういう雰囲気になっていくこの時期は、1年の中でも最も好きな時期の1つです。そんな中、次の曲の制作をボチボチと始めています。が!

今回はかなり難産な予感がプンプンします。スローテンポなミク曲にすることは決めていて、Aメロディはすでにあらかた出来上がってコード付けもしています。しかしサビのメロディが全く思いつきません!w

車を運転しながらラジオを聴いていると、やはり季節柄、B'zの「いつかのメリークリスマス」とか、BUMP OF CHICKENの「スノースマイル」なんかが流れてくる訳ですよ。やっぱりスローバラードはサビの美しさが重要、ということを再認識させられます。あそこまでのクオリティは無理でも、自分なりの美メロを何とかひねり出したいと思っています。

それと、今回の曲は自分の中で「ある思い」を持って制作しています。それは出来上がった時に明かしたいと思っています。まあ、大したことではないんですがw そのため、作詞も自分でやってみる予定です。


来年のことを言うと鬼が笑う、と言いますが、来年は個人的には変化のある年、それも自分にとっては良い変化の年になりそうで、期待8割、不安2割といった感じです。元々、身の回りの色んなことが停滞気味になり、その閉塞感を紛らわすために始めたボカロ曲作りでしたが、音楽やボーカロイド達が新しい風を運んで来てくれたような気がしています(妄想)

海外の反応

最近のランキングで、「海外の反応シリーズ」という動画ジャンルがあることを知りました。そのきっかけがこちらの動画。すでにご覧になった方も多いと思います。



私も最近はコメントを落ち着いて見られるYouTubeでボーカロイド関連の動画を楽しむことが多いです。同時に世界中から書き込まれるコメントを読むのもとても楽しい。

ボーカロイド曲にコメントを寄せている海外の方々は、上の動画にもあるように日本のファンなんかよりもいろんなことを良く知っている人がいたりして、驚嘆に値します。これもある意味ネット時代を象徴していますね。ブラック★ロックシューターのあらすじなんか、わたしゃこの動画で初めて知りましたよw

で、私も自分の曲の動画についているコメントをちょっと訳してみようと思い、やってみました。俗語的な言葉遣いもあるので、正確ではないかも知れません。青字はわたくしhypersawの注記。

■echoes

最初の絵はミクの可愛らしさがない・・・・・もっとオトナっぽい感じだね。(国籍不明)
えーと、echoesは失恋の歌なので・・・・・・^^;

彼女の声が本当に好き・・・・・・とてもカワイイ・・・・・(マレーシア)
私も好きです。

■ブリリアント

カワイイ!(米国)
Thanks!

■Cosmic Velocity -Short-

ロングバージョンの方がいいけど、これも好きだ!(米国)
おお、両方聴いてくれてるんだ。

ミクが好き!いつもこの曲を口ずさんでいるんだ。(米国)
嬉しいなぁ。

これ、どこかでダウンロードできる?(カナダ)
ピアプロです^^;

ストラトスフィアのようにも聞こえるね。でも良い曲だね。(英国)
うん、ちょっとフィーチャーしている部分もあります。スルドイ。

良い曲。気に入ったよ。本当に良いサウンド。(米国)
Thanks!アメリカの方多いですねぇ。

■Cosmic Velocity -Long-

1分10秒に登場する絵が好きだ。(米国)
それはbutter_flyさんの絵です!(自慢)

アートワークが実に美しい。そして曲が穏やかな雰囲気に溢れているのが好きだ。(米国)
穏やか、というのが意外ですね。原文はgentle and peaceful。

これはトランスなのかな?「トランス風」な感じがするけど。 (シンガポール)
うむむ、これまたスルドイ突っ込み。

ストラトスフィア 2008 Remixもいいよね。今こそもっとトランス曲を・・・・・・(カナダ)
ですよねー。この人たち、「禿同」とか分かりそうだなw

この曲がとても好きだ。1000回くらい聴いてる。まだ全く飽きることがないんだ。
これまで聴いた中でベストソングの1つだよ。50星くらい評価を付けたいんだけど、残念ながら5つ星
までなんだよなぁ。アップロードありがとう。とても楽しんだよ。5つ以上付けられないから、5つ星
付けておきます。(カナダ)
うおー、涙が出るほど嬉しいですよ。ボカロやってて良かった!

1時間くらい再生した。私のインターネット環境はまずまずなので、何回も何回も再生したよ。
これまで聴いた中でベスト10に入るミク曲だよ。(フィリピン)
これまた嬉しいコメント。Thanks!

彼女の声はなんて素晴らしく、美しいんだろう。信じられないよ。 (米国)
普通の英語なんだけど、日本語に訳すと味わいのあるコメントになる不思議。

大好き!天国のような7分間!(米国)
~のような7分間、という表現はなんか良いですね。

この素晴らしい曲はどこでダウンロードできるのかな。教えてお願い!(米国)
ピアプ(ry

■Seven Colors

とても良い色だね。(国籍不明)
多分絵のことですね。

■Unlimited BLUE

彼女の声が本当に好きで、アップされた動画はほとんど見てる。
アップロードありがとう。(米国)
ルカさんの声は海外の方が受けがいいかもしれません。

本当にどれもポジティブな評価ばかりで恐縮です。今日も地球のどこかで自分の曲を聴いてくれている人がいる、と想像しただけでわくわくします。YouTubeへ転載してくれた方々には心からの感謝を捧げます。

そして、聴いてくれた人、コメントをくれた人へ。

Thanks for all of you!

ニコマスPの本気

ニコニコ動画では「Voc@loidM@ster祭り3」が開催されていますね。
これまで1、2とちょこちょこ動画を見て回ってますが、今回の3は明らかにこれまでと違う流れが出てきているように感じます。



これ、VOCALOIDエンジンを使ったVOCALOIDは全く使われていない訳ですよ。すでにあるアイドルマスターの歌声やしゃべり声を素材として、それを切り貼りして出来ています。それなのにこれほどまでに自然な歌に仕上げています。

ニコニコ動画はこうしたクラフトマンシップを礼賛する傾向にあるので、ミクを始めとするいわゆるVOCALOIDで上手く歌わせるのが当たり前となった現在、ニコ動内におけるVOCALOIDの立ち位置はちょっと微妙になっていく可能性があるのかなと思います。



ボカロ関係のP達の動画編集技術が上がってきているとはいえ、ここまでやれる人はまだ少ないですよね。これ、よーく見るとMikuMikuDanceで作ったシーンも含まれています(多分誰かが作った動画から切り貼りしていると思いますが)。←【訂正】MikuMikuDanceではなく、PSP版アイマスだったようです。

まあ、ボカロの場合、動画の評価はオリジナリティに比例するので、単純な比較はできません。ただ、ニコマスPの動画作成スキルは、おそらくニコニコ動画内ではNO.1クオリティであることは間違いありません。

作ってる人たちは楽しくてしょうがないだろうなー。観てる私も楽しくてしょうがないですwwww

近未来都市

ニコ動のランキングで発見。YouTubeに転載されていたのでご紹介。



もう笑うしかないクオリティですよ。

キャラの動きは少ないものの、それが楽曲の静的な雰囲気に非常に良く合っています。そして特筆すべきは背景画の素晴らしさ。荒れ果てた都市が草木の生い茂る姿に変わる、といった近未来ファンタジーの王道的な表現も上手く使われています。

安易に曲のストーリーをなぞるのではなく、多くのキャラを見せながら世界観を提示する技といい、プロ絵師さんなのかも知れないですね。最初の地球とミクの瞬きが重なるところでググッと引き込まれます。

涼風Pの曲はごくごく初期のものを聴いたことがあるだけでした。一度、しっかりと聴き込んでみたいと思いました。
プロフィール

hypersaw

Author:hypersaw
ピアプロでは「hypersaw」、ニコニコ動画では「カップラーメンP」として活動中の週末音楽家。リンク、コメント、大歓迎です。

カテゴリ
最新コメント
hypersaw@twitter
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。