世界の片隅で紡ぐ音楽 2010年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ

■ピアプロ

「誓い」の動画制作時にピアプロのイラストを沢山見て回ったのですが、ひと頃に比べて投稿全体のクオリティが上がっているのにビックリしました。才能を持った人達が新たに続々と参戦してきている感じですね。こうなるとボカロ絵は完全にイラスト界(そんなのあるのか?)の1ジャンルとして定着したのかなと思います。一方で開店休業になってしまった絵師さんもいて、それはそれで寂しいですが・・・・・・。

■「誓い」

自分としては再生数2ケタで、その内半分が俺、くらいの過疎動画でいいと思っていたんですが、予想外でした。ミクというだけでGUMIやルカよりも再生数が上がるってのは本当なんですかね。MMD杯でボカロ動画へのアクセスが多かった時期にアップしたというのもあるかも知れません。聴いてくださってありがとうございます。

イラストはみょさん、ひこさんの作品を使わせていただいております。みょさんのミクは柔らかな色使いと無垢な笑顔が眩しくて、一目で「使いたい!」と思いました。ひこさんのイラストは奥行き、広さ、一瞬を切り取ったような構図が印象的。あまりに格好いいイラストだったので、鳥をいくつかのレイヤーに分けてゆーっくり動かしたりしてます。巷でいう「アハ体験」てやつですかw お二方に改めて感謝を。

■twitter

アカウントを取って2ヶ月ちょっと。とても使いこなせているとは言えませんが、慣れてはきました。ネットの一般的なルールとは別に、twitter独自の文化のようなものがありますね。140字という手軽さ故か、1日の間にもの凄い数のつぶやきを投稿している人もいて驚きです。「この人の1日と俺の1日は、長さが違うんじゃないだろか」と思うほどです。

でもね、twitterで会社が儲かるようにはならないと思うよ。

スポンサーサイト

素敵過ぎて信じられない

ニコ動のランキングに長期滞在しているので、ボカロファンならすでにご覧になっていると思いますが!



これはホントに素敵すぎて紹介せずにはいられないw

根気Pのこの調声と選曲、素晴らしいの一言に尽きます。絵も描いてるとか、どんだけ凄いの?
この人のマイリスも一見(一聴?)の価値有りですね。キャッツの「Memory」とかリピートしまくりです。

そしてshu-tさんご自身のツイートで知った動画。



制作されたササキPさん、この人の感性というか、物語を構築する力は並々ならぬものがあります。この人を知るきっかけとなったのは「月花ノ姫歌」のPVで、これも必見です。

ところでこの動画を見て以来、Mikiの可愛さにやられっぱなしなのだが・・・・・・。



キオ式モデルの破壊力はホントに凄まじいです。

時間が足りない

なんとか「誓い」をアップできたものの、とにかく最近は時間が足りないです。

「やりたいこと」はいろいろあるけど「やらなきゃいけないこと」が邪魔をする、というジレンマ。「やりたいこと」は意欲が充実しているうちに手を付けないと熱が冷めてしまいますよね。リアルの仕事が忙しい時期にさしかかっている上、プライベートでも時間を使って勉強しなきゃいけないことがあって、なかなか思うに任せません。そしてようやく時間が空いても、MMD杯の動画につかまってThe End。いやまぁ好きだから良いんですけどw

音楽の方でやりたいと思って温めていることもいくつかあります。オリジナル曲は当分先になりそうなんですが、少ない時間でも手を付けやすいものとして、またリミックスをやってみようかなと思っています。

先日、ニコニコ動画で素敵な曲を見つけまして、iPodに入れてずっとリピートしています。少し前の曲なので、これをリミックスしてアップしてみたいなぁと。支援なんかにはならないと思いますけど、共感してもらえる人が1人でもいれば嬉しいですね。

ところでリミックスと言えば、最近聴いたのではこれが一番のオススメ。



Tripshotsさんの名曲「Nebula」のgotorinさんによるリミックス。画像はTripshotsさんによる、このリミックスのためのオリジナルだそうです。素晴らしい!

第4回MMD杯

第4回MMD杯の本選がスタートしましたね。

予選動画をサラッと見た感じでは、前回を上回るクオリティは期待できないのかな、と思ったりもしましたが、本選が始まってみたら、そんな心配は全くの杞憂でした。凄いレベルの作品が沢山投稿されています。本選からの参加組にも手練れのPが多かったみたいですね。

今回の特徴としては、ボーカロイドのモデルを使用した作品が再び多くなったことと、ボカロ曲PV作品が増えたこと。これは個人的には喜ばしいことだなと思います。特にボカロ曲PVは、制作者の曲に対する熱い思い入れが感じられて、心が揺さぶられます。

MMDはもはやボーカロイドにとどまらず、3Dアニメ作品を作る上で欠かせない基本ソフトになりつつあります。ただ、MMDの元々のルーツであるボーカロイドの出番が少なくなってしまうと、それはそれで寂しい気がしていました。

総合順位の争いは早くも絞られてきた感がありますが、まだまだ投稿がありそうなので、しばらくはいろんな動画を見て楽しみたいと思います。

■拍手レス
>お疲れさまです、そしておめでとうございます!
 ありがとうございます!

「誓い」

新曲をアップしました。

前にも書いた通り、今回の曲は個人的な思いに根差したものなので、結構恥ずかしい。
あまり聴いてもらわなくてもいいというか(笑)ならなぜアップしたんだっていう話ですねw





何事もなければ、陽の光が日に日に暑さを増す頃、僕は父親になります。

モニタリング

今日から新曲をiPodでモニタリングし始めました。が・・・・・・・。

いろいろとミックスをいじっている間は「これでいいかな」と一度は思うのですが、出来上がったものを何回も聴いていると「これでいいのだろうか」と感じてきてしまいます。音圧が低く感じたり、音符のずらし方が気に入らなくなったりとか。

前回の「エンドレス」でようやく気が付いたのは、ボカロ曲ではやはりボーカロイドの声の処理がミックスを大きく左右するということ。オケの段階で上手くミックスできても、ボーカロイドを入れたとたんに音がうねったり、バリバリとクリッピングしたり、という事態に陥ります。

キャプテンミライさんのASCII.jpでのレクチャーでも、声の粒を揃えることがキモと書かれています。特にコンプレッサーの設定は非常に興味深い。私、コンプをこんなに深くかけたことなかったです。

現時点の最新版は、これはこれとして置いておいて、明後日の休みの日にでも別テイクとして1からミックスのやり直しをしてみて、良い方を完成版にしようと思います。

プチグルメ生活

家の人が急に「美味しいトンカツが食べたい」と言い出したので、この前の週末にトンカツを食べに行くことに。

料理としてのトンカツを美味しく食べたいと思うなら、おそらく神田辺りのトンカツ屋に行けばいいのだと思いますが、私達が車を駆って向かったのは埼玉県にあるサイボクハム本店

ここは言うなれば豚肉のテーマパークのようなもので、元々は養豚牧場。ブランド化しているスーパーゴールデンポークを始め、新鮮で美味しい豚肉が食べられます。敷地内のレストランでトンカツを注文。ニコニコと微笑む子豚のイラストに囲まれて豚肉を食う、という非常にシュールな空間ですが、とにかくジューシーで甘いトンカツに大満足でした。

ここにはなぜか「まきばの湯」という温泉も湧いており、しかも源泉掛け流し100%。せっかくなので温泉に入り、精肉販売コーナーで豚肉を買って帰りました。

そして昨日の晩ご飯はこの時買ってきた肉を使って豚しゃぶ。鍋にだし汁を張って、先に白菜、しめじ、豆腐、白ねぎを煮ておきます。煮えた頃に豚肉を20~30秒浸して、大根おろしとポン酢に少量の柚胡椒でいただきます。こちらも肉がとても甘く、大変おいしゅうございました。

さて、新曲の方ですが、昨日は早く帰宅したので作業するチャンスだったのに、強烈な眠気に襲われて寝てしまいましたorz 一応歌詞も作ったし、タイトルも決めました。ありきたりなタイトルですけど、まぁ他に思いつかないのでこれでいいかと。でも何時完成するのかな・・・・・・。

■拍手レス

>偶然MIX
えー、そうなんですか!聴いてみたいですね。うp期待しています。

発売一周年

ニコ動での「Unlimited BLUE」の再生数が1,000を越えて、ちょっとホッとしました。エンドレスRemixと良い勝負していたので、途中抜かれちゃうかなとも思いましたが。改めて聞いてくださった方々に感謝します。ありがとうございます!

で、1,000越えてからポロポロと再生が伸びとるなー、と思ったら、巡音ルカ発売一周年だったんですね。そんなイベントの影響であっても、やはり聴いてもらえるのは嬉しいです。私のルカの曲は「Unlimited BLUE」1曲だけなんですけど、自分でも非常にお気に入りで、割と頻繁に聴いてます。ちょうど一年前のボーマスで実際にお会いした杉春さんに付けていただいた歌詞も、宇宙への抑えがたいロマンが凝縮されていて、「やはり作詞で活動されている方の作品は凄いなぁ」と感動したものです。

今さらの裏話ですけど、最初この歌詞を読んだ時に、真っ先に浮かんだのがアニメ映画「オネアミスの翼 王立宇宙軍」でした。大分前に観て、内容もうろ覚えなんですが、何となく世界観が共通するような気がしたんです。今またこの映画を再見してみたいと思っています。

(この動画はかなりのネタバレを含みますのでご注意ください)

プロフィール

hypersaw

Author:hypersaw
ピアプロでは「hypersaw」、ニコニコ動画では「カップラーメンP」として活動中の週末音楽家。リンク、コメント、大歓迎です。

カテゴリ
最新コメント
hypersaw@twitter
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。