世界の片隅で紡ぐ音楽 2013年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボカロトランス万歳

インドネシアに来て4年目にして、ニコニコ動画のプレミアム会員を脱退しました。

今、私の住んでいるアパートのインターネットの回線スピードはベストエフォートでたったの2MB。スカイプはかろうじて使えますが、ニコニコ動画のPVのついたボカロ動画はまずもってストレスなしには見られません。これでは会員費を払うだけ無駄です。

で、脱会してみると、低画質の動画になるため、案外快適に視聴できるようになりました。ただ、最近はプレミアム会員のみ視聴可能な動画が増えているので、観られない動画が多くなってしまったのは残念です。まぁ、ニコ厨する時間もあまりないので、実害はありませんが。

最近聴いたトランスマスター達のボカロトランス曲をご紹介。素晴らしい曲なのでぜひ聴いてみてほしいと思います。



一時期ボカロを引退していた粒子Pのトランス。これまでの曲に比べるとBPMが速く、しっとりした歌詞の割にはノリのよい曲になっています。粒子Pのリバーブの処理の上手さにはいつも感服させられます。鼻そうめんPもツイートしてましたが、この人の曲はもっと評価されてしかるべきです。



Clean Tearsさんと言えば、初期のDragoonからとても大好きなプロデューサーさんなんですが、今回も素晴らしい曲を作ってくれました。欧州のトランスかと思うようなこなれたメロディライン、浮遊感あふれるブレイクからの盛り上がり、トランスの魅力がたくさん詰まった1曲です。iTunesでアルバムを買おうかなと思っています。



Clean Tearsさんの作品からもう1曲。こちらはIAを使用したトランス。IAのちょっとすました感じのボーカル、他のボカロにはない感じでいいですね。軽音楽部というよりは合唱部みたいな歌い方です。

スポンサーサイト

有名ホテルに泊まる

ジャカルタという街は、インドネシアの首都である以外には、あまり見どころのない場所です。観光や休暇を過ごす場所としてはバリ島やロンボク島の方がずっと有名です。それは航空便の数を見てみてもわかります。

最近でこそ、ASEANでの有望な投資先としてインドネシアの注目度は上がっており、ビジネス訪問客が急速に増えていますが、日本からジャカルタまでの直行便は成田-ジャカルタ便のみで、関空、セントレアとの直行便は現在ありません(11月頃にガルーダインドネシア航空が関空直行便を就航させる予定)。

そんな見どころの少ないジャカルタで、最近我が家がしていることは、「有名ホテルの週末ステイ」。日本では高すぎて泊まれないホテルでも、ジャカルタではちょっと安いですし、同じジャカルタ内なので移動も楽ちん。

これまで泊まったのは、「ダルマワンサホテル」「リッツカールトンホテル」「シャングリラホテル」の3つ。

ダルマワンサホテルは南ジャカルタにある現地系資本の高級ホテル。リゾートホテルっぽいたたずまいで、ジャカルタにいることを忘れさせてくれます。

リッツカールトンは言わずと知れた「ホテルの中のホテル」。顧客のためになることであれば、従業員誰もが上司の承認を得ずにおもてなしをする、というホスピタリティ。息子の誕生日に合わせた滞在だったため、無料でバースデーケーキを用意してくれ、記念品までプレゼントしてくれました。パシフィックプレイスという高級ショッピングモールとつながっているので、買い物ステイにも便利。

シャングリラホテルはアジアにその名をとどろかす香港資本の高級ホテル。宿泊当日は混雑していたためか、スイートルームにアップグレードしてもらっちゃいました。プールやスパのファシリティもさることながら、ここはレストランのレベルが高い。朝食ビュッフェも1泊ではとても網羅できない品揃えです。

外国人にとっては行動範囲が狭く、退屈になりがちな駐在生活ですから、こういう過ごし方も単調な生活の重要なアクセントになりますね。
プロフィール

hypersaw

Author:hypersaw
ピアプロでは「hypersaw」、ニコニコ動画では「カップラーメンP」として活動中の週末音楽家。リンク、コメント、大歓迎です。

カテゴリ
最新コメント
hypersaw@twitter
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。