世界の片隅で紡ぐ音楽 番外編:私的「パッヘルベルのカノン」考

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番外編:私的「パッヘルベルのカノン」考

「ブリリアント」の動画のコメントにあった質問にお答えしたいと思います。

Q:作者はハダワイ好きか

A:はい、大好きです!


・・・・・・さて。

「ブリリアント」で引用したパッヘルベルのカノンは、現代の日本人にはもっとも馴染み深いクラシック音楽の1つだと思います。私がこの曲を初めて聴いたのは、中学の卒業式でのオーケストラ部の演奏でした。

ヨハン・パッヘルベル(Johann Pachelbel, 1653年9月1日 - 1706年3月3日) は、ドイツのバロック音楽期の作曲家で、カノンは1680年頃に作曲されたと言われています(以上、Wikipediaより)。年代としてはバッハやモーツァルト、ベートーヴェンが活躍するずっと前に書かれたものです。正式な曲名は「3つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノンとジーグ ニ長調」の第1曲です。

ご存じの通り、この曲は現代のポピュラー音楽、ポップスでも旋律が頻繁に引用、借用されていますが、とりわけ日本で突出して人気が高い気がします。それは「カノン進行」と呼ばれるコード進行の心地よさだけが理由なのでしょうか。

「前ノリ」「後ノリ」という言い方があります。私も良く分かっていませんが、日本の曲には前ノリの曲が多く、ジャズなどは後ノリ、と言われることが多いみたいです(このあたりのことは、映画「スウィングガールズ」を見ると雰囲気が分かります)。今回「ブリリアント」に引用した時に思ったのは、パッヘルベルのカノンは、日本の曲に合いやすい「前ノリ」の曲なのではないか、ということです(間違っているかも知れません)。

カノンの旋律に合わせて、下の太字のところで手をたたくとすると、どちらがたたきやすいでしょうか。

(1)「ンタタ ンタタ タタタ タタタ・・・」

(2)「タンタ タンタ タタタ タタタ・・・」

多分(1)なんじゃないかと思います。日本人だから(1)なのかも知れません。

実に330年もの時を超えて愛される曲。作曲したパッヘルベルすら思いもしなかったことでしょう。たまにはクラシック音楽に耳を傾けてみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hypersaw

Author:hypersaw
ピアプロでは「hypersaw」、ニコニコ動画では「カップラーメンP」として活動中の週末音楽家。リンク、コメント、大歓迎です。

カテゴリ
最新コメント
hypersaw@twitter
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。