世界の片隅で紡ぐ音楽 「徒花 -アダバナ-」 歌詞との出会い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「徒花 -アダバナ-」 歌詞との出会い

これから数回に分けて、3曲目のミクオリジナル曲「徒花」について語りたいと思います。

この曲の前に「アストロゲイト」という曲を作ったのですが、その時にやはり歌詞やイラストのようなモチーフがあった方が曲を作りやすい、ということを確信しました。まあ、正直音楽作るだけでイッパイイッパイで、歌詞まで手が回らないというのもあります。

ピアプロには沢山の歌詞作品があるので、3曲目はどなたかの歌詞を使わせてもらおうと決めていました。で、いろいろと見て回る中で、「イメージライン」という題名の歌詞が目に留まりました。「徒花」の作者、あわさんの作品でした。

「イメージライン」は郷愁や清々しさを感じる、とても雰囲気のいい秀作なのですが、バンドサウンドが似合いそうで、バンド経験のない私にはハードルが高いものでした。でも、この人の歌詞で是非曲を作ってみたいと思い、他の作品を見ていくと、そこに「徒花 -アダバナ-」がありました。

この歌詞は雅語をちりばめつつ、字数や言葉の響きがきれいに整えられた、あたかも「和歌」のような作品。どこかはかなげでありながら、燃えるような情念も感じさせます。「日本語って美しい」と思える作品に出会えて、とても嬉しくなったのを覚えています。そして何よりも、読んでいるうちにメロディがスルスルと浮かんできたので、これを使わせてもらおう、と決めました。

「この歌詞をなぜトランスに」と思われる方が多いと思いますが、単純に自分のできるアレンジの幅が狭かったから、としか言えません(笑)。でも、やるからには少しでも「幽玄」的な雰囲気のあるアレンジにしたい。自分の中では勝手に「ジャパネスク・トランス」と命名し、サンプル作りを始めました。

例によって音色はすべてFL Studioのプリセット。イントロの音はメタル・ハープと、映画「グリーンデスティニー」で使われるような、その名も「Soundtrack」というストリングスをSytrusからチョイス。そしてリズムが始まってからは「hypersaw」を始めとするsaw系サウンドを前面に押し出します。シーケンスはpluck系のパターンとゲート音を重ねてみました。この時はまだアルペジエイターの使い方がわからず、pluckはすべて打ち込みです。

FL Studioのトランス系の音は分厚くてインパクトがあるので、私のような素人が作ってもかなりカッコイイ曲になります。ミクの声を重ねてみると、自分でも「おぉー!」と思えるような出来に。曲作りをやっていて、一番楽しい瞬間です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おじゃまにきました♪

こんにちは。
遅くなりましたが、ブログ開設おめでとうございます。
何度かやり取りさせてもらうなかで、hypersawさんはどのような考えをお持ちの方かなぁって、
垣間見えてくるものはあるものの、とても気になっていました♪
ですので、ブログを始められたこと、hypersawさんの一ファンとして、とてもうれしく思います!

「世界の片隅で紡ぐ音楽」。
このブログのタイトルをみてすぐに、音楽に対して自分が感じたとおりの考え方をされてる方だなぁと思いました。
ひとことでいえば、マイペースです。
のんびり、ゆっくりとした意味ではなく、自分のペースを守る、という意味で。
hypersawさんが、周りの騒音を気にせずに、
ピアプロやニコニコでの活動を心から楽しんでらっしゃる様子。
ピアプロでのコメントをはじめ、
ブログを読ませてもらい、たくさん伝わってきました。

『徒花』制作でのやり取りで、hypersawさんから教わったことがあります。
マイペースであることの強さ、でした♪
「焦らなくても大丈夫。自分たちがよいと思えるものを作っていきましょう」
そんなhypersawさんの声がいつもコメントや、その行間から聞こえてきて、
つい駆け出しそうになる自分を、やさしく、
励ましてくれたのをとてもおぼえています。
本当にありがたくて、忘れられない曲になったというのも、
こうした自分なりの思いがこもっているからだと思います。
ありがとうございました♪

ブログの内容もおもしろいですね!
新曲「ブリリアント」にみっくみくされた瞬間のことwww
「徒花」を選んでくださった理由など、ひとたびコラボが決定すれば
実質的なやり取りが進むピアプロではなかなか知れないことが詳細に書かれてあり、
楽しく読ませていただきました。

また、「プロが作った音だから」との理由で、音源をいじっていないお話など、たいへん感銘を受けました。
個性を気にするあまり、質を見落としてしまうことは音楽以外でもよくあります。
こうした音作りへの考えのひとつひとつが、hypersawさんの音、曲とフィットしていて、本当に不思議な気持ちです。
音はウソをつけない、のでしょうか?www
hypersawさんのHNの由来も知れて、ニコニコでした。
ブレてないのに、頑固でもなくしなやか。
ふしぎな音を奏でてくれる。
そんなノコギリを勝手にイメージしていました♪


本来なら、その日の日記にコメントをすべきところ、まとめて長くなってしまってすみません。
これからも、おじゃまさせてもらいますね。
創作活動、いっしょに楽しく励みましょう♪

>詳細はWEBで!(いやここすでにWEBだし)
「ピ」でのこの案内にトマトジュースふきだしかけましたwww


それでは、また♪

あわさん、ブログ訪問&メッセージ、ありがとうございます!

ブログを隅々まで読んでくださった上に、メッセージの内容がとても嬉しくて、なんだかグッときてしまいました。

ピアプロやニコ動には音楽や作詞やイラストでプロを目指している方々も多いだろうと推測していますが、私にとって音楽はあくまで余暇を楽しむものです。つまり、生活や仕事の状況によっては、やめなきゃいけないものでもあります。

だから、そういう限られた時間の中で、音楽のことで不必要に苦しんだり、面倒な思いをしている暇はないんですね(笑)。楽しめなければ、音楽をやる意味はないと思っていますし、コラボしてくださる方々にも、思いっきり楽しんでもらえたら、と思っています。

これからも是非、訪問ください。

>WEB 
最近TVでよく見るので、私も使ってみました(使い方間違ってるww)。
プロフィール

hypersaw

Author:hypersaw
ピアプロでは「hypersaw」、ニコニコ動画では「カップラーメンP」として活動中の週末音楽家。リンク、コメント、大歓迎です。

カテゴリ
最新コメント
hypersaw@twitter
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。