世界の片隅で紡ぐ音楽 Dixie Flatline 「Fragments」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dixie Flatline 「Fragments」

昨日、ようやくPremiere Elementsのコツが分かってきました。分かれば案外簡単。動画作りが進み始めました。動くぜぇ~ぬるぬる動くぜぇ~。

さて、先日ボーマスで買ってきた2枚のCDをレビューしたいと思います。

まずはDixie Flatlineさんの「Fragments」。パッケージとディスク面のアートワークは「ジェミニ」のPVを手掛けたご存知グライダーさん。これ、最強タッグじゃありません?

そして実聴。すでにCD発売に先行してiTunes storeでの配信が始まっていますが、やっぱりCDで聴かないとね、ということで、CDコンポで再生。

「んなっ、なんだこの音質は!?」

Dixieさんのサウンドはネットで聴いても非常に素晴らしいものですが、このCDの音質はちょっと異次元のレベルです。おそらくCD化にあたってミックスを見直しているのでしょうが、大手レーベルのCDでもこれだけのクオリティのものはそんなにないと思います。キラキラした高音も、太くどっしりとした低音も、全てが研ぎ澄まされたバランスで配置され、音の世界にどっぷりとハマれます。

曲について。イントロとアウトロはニヤニヤしてしまいます。多分ネタバレはDixieさんの本意じゃないと思うので書きません。iTunesの視聴でちょこっと聴けますね。

最初からいきなり「ジェミニ」+「ジュブナイル」のコンボ。この2曲については改めて語る必要のない傑作ですよね。でもこのCDでは後の「メービウス」「東雲スクランブル」「ジェイコブズ・ラダー」の3曲がとてもいいのです。特に「東雲スクランブル」、この音質で聴くと本当に素晴らしいです。

そして後半では何と言っても「ジュブナイル」のリミックス。Dixieさんの音楽的なルーツでもあるブラックミュージックのエレメンツを贅沢に盛り込んだ本格的なアレンジ。本当にこのCDがたったの1,000円でいいの?

今後、委託通販の計画もあるようです。「ネットでさんざん聴いたから要らない」というのはもったいない、オススメの1枚です。

次回はキャプテンミライさんの「幻想論」を語ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hypersaw

Author:hypersaw
ピアプロでは「hypersaw」、ニコニコ動画では「カップラーメンP」として活動中の週末音楽家。リンク、コメント、大歓迎です。

カテゴリ
最新コメント
hypersaw@twitter
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。