世界の片隅で紡ぐ音楽 メロディ付け~アレンジ(1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メロディ付け~アレンジ(1)

できたサンプルをあわさんに確認してもらい、OKをもらった後、本格的に曲の全体構成を考え始めました。サンプルではすでに2パターンのメロディを作っていましたが、全体の流れを考えると、展開を大きく変えるために、もう1つメロディが欲しい。

オリジナルの歌詞は非常に完成された作品だったので、ここに新たな歌詞を付け加えるのは難しいのではないか、と思っていました。が、あわさんからもタイミング良く「歌詞を追加したい」とのご要望をもらったので、メロディ先行で歌詞を書いてもらうことにしました。

イントロとサビに使われている主旋律は、始まりの音階が下がっていくので、新しいメロディでは上がっていく形にします。いわゆる「ブレイク」に使うつもりにしていたので、全体としても上に抜けていくようなイメージを持ちながら、歌詞がないので文字通り鼻歌で作っていきます。そこにストリングスでコードと裏メロディを付け、ミクの「ラララ」を重ねます。

この3つ目のメロディを含め、「徒花」はまったくリテイク無しで、最初に思い浮かんだメロディだけで作られています。確かに何のひねりもない、シンプル過ぎるくらいのメロディですが、トランスにはこのくらいでちょうどいいと割り切って、アレンジの検討に入りました。

サンプルで不満が残った点として、イントロのミクの独唱からリズムがスタートするまでの繋ぎの部分があります。サンプルではミクの声が終わると同時にキックス、スネア、メタル・ハープの連打が入る形になっていましたが、もっと余韻を持たせてスムーズにつなぎたい。

そこで、ミクの独唱をピアノに引き継がせ、ディレイを強めに入れます。そこにゲート音を左右にパンを振りながら重ねてみます。メタル・ハープのアルペジオは上昇だけだったのを、上昇して下降する形に。「ファイナルファンタジー」のオープニングテーマがお手本です(笑)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hypersaw

Author:hypersaw
ピアプロでは「hypersaw」、ニコニコ動画では「カップラーメンP」として活動中の週末音楽家。リンク、コメント、大歓迎です。

カテゴリ
最新コメント
hypersaw@twitter
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。