世界の片隅で紡ぐ音楽 歌入れ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌入れ

歌入れは、アレンジを煮詰めていくのとほぼ同時進行で行っていました。「徒花」からは、メロディごとに部品のようにVSQファイルを作成していく形を採っています。こういうやり方をすると、例えば全体に渡ってダイナミクスやジェンダーファクターを変更したい、なんていう時に非常に面倒なのですが、ピアプロでコラボを進めていく上では、これがなんとなく合っている気がします。

「徒花」ではコーラスワークをいろいろとやってますが、きっかけは偶然の産物でした。FL Studio上でミクの音声クリップをドラッグしているときに、誤ってドロップして2種類のメロディの音声が重なってしまいました。修正する前に、試しに再生してみると「あれっ、なんかいい感じだ・・・・・」

よく考えてみると、コード進行がほとんど同じだから、同じオケに乗っかるわけです。試しに3つ目のメロディも乗せてみると、うーん、ちょっと微妙なところもあるけど、乗らなくはない。そこで、ブレイク後の後半部分は、この偶然出来たコーラスワークを使って盛り上げていくことにしました。

ミクの調整は例によってあまり凝ったことはしていないのですが、1つポイントを挙げるとすると、ジェンダーファクターを上げてやわらかめの声質にしています。これによってオケとの溶け合いがかなり良くなった気がします。

こうして歌入れが終わってミックスに入った頃、shariさんが「徒花」のイラストを描いてくれました。正確に言うとあわさんの歌詞のイメージイラストだったのですが、「自分の曲にイラストを付けてもらえた!」と勝手に浮かれて(笑)、これは絶対に動画に使わせてもらおう、と思いました。

次回は動画作成とニコニコ動画へのアップについて、ちょこっとお話しします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hypersaw

Author:hypersaw
ピアプロでは「hypersaw」、ニコニコ動画では「カップラーメンP」として活動中の週末音楽家。リンク、コメント、大歓迎です。

カテゴリ
最新コメント
hypersaw@twitter
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。