世界の片隅で紡ぐ音楽 音楽に罪はない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽に罪はない

ここのところ世間を賑わせている某元アイドルの事件に絡んで、「サイケトランス」とか「トランスミュージック」といったワードをちらほら見かけます。

音楽を愛する人間として、またトランスミュージックのファンとして、こういうニュースを聞くと悲しい気分になります。クラブ系の音楽イベントを介在して薬物が広がっている、という事実があったとしても、特定の音楽ジャンルを取り上げて「ドラッグ蔓延を助長する音楽」であるかのように報じられてしまうなら、それは音楽が可哀相すぎるというものです。薬物の問題は詰まるところ人間の意志の問題であって、音楽に罪はないと思うのです。

ちなみに私こんな音楽作ってますが、クラブってほとんど行ったことないです。トランスをよく聴くようになったのも、ボカロをやり始めてからですしね。綺麗なオネーチャンのいる方のクラブなら、職場の上司に連れられて何度か行ったことがあります(笑)

話題の「レイブイベント」も当然行ったことありません。でもニヤミスしたことはあります。春先に友人と夜の東京湾岸にシーバス(スズキ)フィッシングしに行った時です。あるポイントへ着くと、耳をふさぎたくなるような大音量で四つ打ちキックがドンドコドンドコ響いていました。こんな騒音では魚も逃げてしまってるだろうと思いながら、せっかくなので釣り糸を垂れていると、どこからともなく人が湧いてきて、大音量のところへと流れていくんですよ。異様な雰囲気で、ちょっと怖かったですね。

東京湾岸には工場や倉庫、海浜公園等、夜に人通りがなくなるところが多いので、こういうイベントを開くにはもってこいなんでしょうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ですよねー;;あの放送内容はおかしい!
どう見ても某元アイドルさんは楽しんでいるようにしか見えません!!!
薬物っていうとすぐクラブが出てくる。
普通に音楽を楽しんでいるだけなのに。音楽を非難されているようで悲しいですね。

私はレイブでも回した事ありますw
夏場は虫が寄ってくるので最悪です;;

>エリーシャさん

えてしてマスコミというのは一部のケースを捉えて、あたかもそれが一般的であるかのような報じ方をしますからねぇ。

「クラブミュージックに詳しい音楽関係者」と称した人がドラッグパーティ化したレイブイベントについて語るに至っては、呆れを通り越して笑ってしまいました。「それだけ良く知ってるならお前も奴らと同類だろ」と。

確かに虫が寄ってきそうですね。明かりを煌々と点けてますしね。

最初にちらっとクラブやイベントで…と聞いたときに、こういった報道がなされるだろうなぁ…と思いましたけど、あまりにも予想通りで呆れてしまいましたwもう少しまともな報道を行ってもらいたいものですね。ちょっと考えたら分かるでしょうにねぇ…。

クラブには、ほとんどどころか全く行ったコトがないので未知の世界ですねー。
キレイなオネーチャンのほうも同じくw後者の方はちょっと行ってみたい気が(ry。

>butter_flyさん

そうですね。最近ネットを良く使うせいか、マスコミの偏向報道のひどさを強く感じるようになってきました。特に政治関係のニュースはひどいです。

まあでも、こういう報道をされてしまうというのは、クラブやイベントサイドにも問題があるといえばあるわけで。入場時に身分証明確認するとか、健全化に向けた取り組みが必要かも知れません。

キレイなオネーチャンのいる方は、男が行くと楽しいけど、女性はどうなのかな・・・・・。銀座あたりになるとおねいさま方の美しさもさることながら、会話術が凄くて、要らんことまでしゃべってしまいそうになります(笑)
プロフィール

hypersaw

Author:hypersaw
ピアプロでは「hypersaw」、ニコニコ動画では「カップラーメンP」として活動中の週末音楽家。リンク、コメント、大歓迎です。

カテゴリ
最新コメント
hypersaw@twitter
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。