世界の片隅で紡ぐ音楽 銀盤の少女とアストロノーツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀盤の少女とアストロノーツ

音楽ブログですが、今回はちょっと音楽と違うことを書かせてください。


バンクーバーオリンピックが終わりました。私が最も注目していた種目は、大多数の日本人と同じフィギュアスケートでした。

我が家は夫婦2人で浅田真央選手の大ファン。毎年毎年、進化を続ける素晴らしいプログラムと、トリプルアクセルを始めとする高難度の技でファンを魅了してきた、日本の誇る「至宝」です。日本人離れしたスラリとしたスタイルは、普通に氷上を滑るだけで息をのむほどに美しい。

ジュニアからシニアへ上がってきた時の浅田選手が世界に与えた衝撃は凄まじいものでした。年齢制限でトリノへの道を閉ざされた時、誰もがバンクーバーの金メダルは彼女だと思ったし、その後の彼女の苦闘を予想していませんでした。いや、正確には予想していた人達がいたかも知れません。

2年前くらいから、浅田選手がどんなに頑張ってもキム・ヨナ選手に大差で負ける試合が多くなりました。「なぜ?」と不可解に感じつつも、何となく日本のメディアが喧伝するようにキム選手の演技力、表現力が世界的には大きく評価されるのかな、と思っていました。

そして今回の五輪。結果は出る前から何となく分かっていましたが、浅田選手が銀メダル。彼女がインタビューで涙を流した時に、「どうしてこんなことになってしまったんだろう」と、TVを見ているだけの私達もやるせない気持ちで一杯でした。

彼女は五輪の大舞台でトリプルアクセル3回を成功させるという、未だ誰もやったことのないことを成し遂げました。本来なら、これだけですでに金メダルでもいいはずです。しかし結果的に優勝した選手との点差は、アクセルの後のジャンプ失敗がなかったとしても埋められないほどの大差が付いていました。

どうしても納得がいかない。フィギュアの神様から溢れる才能を与えられ、それをたゆまず丹念に磨いてきた彼女がこんな仕打ちを受けてよいはずがない。その理由を求めて、フィギュアのプロトコル(得点の詳細)を分析しているブログやサイトを読み漁り、自分なりに勉強してみました。

そして彼女がこれまで銀盤で闘ってきたものがいかに巨大で、狡猾・非道なものだったかが分かりました。これは浅田選手だけでなく、安藤選手始め日本選手に共通するものだったと思います。日本選手達はそれに正々堂々、逃げることなく真っ正面から挑み、時にうち破ってきたのです。残念ながら彼女たちのその凄まじい才能と強さを正当に評価していたのは我々日本人ではなく、プルシェンコを始めとする海外のトップスケーター達でした。

4年間苦しめられた不条理の集大成とも言える大逆風が吹き付けるバンクーバーの舞台で、浅田選手が掴んだ銀メダル。涙を流しながら、決して失敗を人のせいにしない彼女を、優しく温かく、そして地球上の誰も出来ないような粋なやり方で祝福した人がいました。国際宇宙ステーションに滞在している野口聡一宇宙飛行士です。

Japanese flag was proudly raised high up to space!Background ... on Twitpic
Japanese flag was proudly raised high up to space!Background "silver" is Kibo module. We enjoy watching the games. Great job, all the athletes!!!

Another beautiful "Silver" moon! I love it! Enjoy full moon t... on Twitpic
Another beautiful "Silver" moon! I love it! Enjoy full moon tonite, everybody.

彼が浅田選手の銀メダルが決まった時に、twitterに投稿した写真です。添えられたメッセージでは、わざわざsilverという言葉を使い、しかもコーテーションで囲っています。all the athletesとなっていますが、これが浅田選手に向けられたものであることは間違いありません。

「君の頑張りは、一番高い宇宙に日の丸を上げたんだよ・・・・・・」

私はこれを見たときに泣きそうになりました。アストロノーツが宇宙から銀盤の少女へ贈った粋な計らいと温かいメッセージが、彼女に届いているといいなと思います。私はこれからも浅田選手を無条件に応援していきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hypersaw

Author:hypersaw
ピアプロでは「hypersaw」、ニコニコ動画では「カップラーメンP」として活動中の週末音楽家。リンク、コメント、大歓迎です。

カテゴリ
最新コメント
hypersaw@twitter
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。