世界の片隅で紡ぐ音楽 オケ作り(3)~作詞~歌入れ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オケ作り(3)~作詞~歌入れ

2回目のサビの後は、まったく違う曲のような展開にしています。特に何かを意図していたわけではなく、なんとなく作ってしまったという感じ(笑)。キックスの裏拍にリードシンセをぶつけて、無理矢理後ノリにしてます。これでほぼ全体のオケが完成です。

そしていよいよ作詞に取りかかります。オケ作りだけでもうヘロヘロだったのに、さらに作詞って・・・・・・。いくら考えても言葉が思い浮かびません。完全に行き詰まってしまったので、仕方なく仕事の研修で学んだ思考法のノウハウを応用することにしました。

まず大きく、「恋愛」系と「失恋」系とカテゴリを作ります。そしてそれぞれに思い浮かぶキーワードを片っ端からメモしていきます。このとき、筋書き、脈絡は一切考えません。それを考えた瞬間から言葉が出てこなくなります。そして出来上がった語群を眺めて、なんとなくつながりそうなものを拾い上げて歌詞にしていくわけです。

結局、この曲の歌詞は失恋系の歌詞になったわけですが、採用しなかった恋愛系のメモはこんな感じです。

胸の鼓動/聞こえたらどうしよう/顔を見られなくて/私の思いを伝えて/大きな手が好き/本当に私でいいのかな/わざと憎まれ口/笑った顔が好き/そんな私を笑ってくれる/低い声が好き/掴まれた手ばかり見つめてた/いつもより口数が多くなる/照れ隠し/勇気を出して etc.

これを眺めていると、男の子の仕草にドキドキして、「好き」という思いを募らせる女の子が、勇気を出して一歩踏みだそうとするストーリーが出来そうな感じです。

こうして何とか歌詞を書き上げて、いよいよミクさんに歌っていただきます。曲の最後の方の「ラ・ラ・ラ」は、実は元々歌詞が入っていたのですが、あまり良く聞こえなかったため、コーラスに変更しました。全体にジェンダーファクターを上げ気味にした以外は、ボカロエディタ側での調整はあまりしていません。

しかしFL Studioでオケと重ねてみると、発音毎に声量がバラついているように聞こえます。PCのパワーがあればReWire接続でリアルタイム再生しながらエディットできるのですが、私の非力PCではボカロエディタでwave出力→FLに貼付、再生の繰り返しです。これはやたらと時間がかかるので、結局FL側でボーカルトラックのボリュームコントロールをオートメーション化し、発音毎に音量を調整する方法を採りました。

- echoes -  作詞:hypersaw

今も キミのことが 好きだよ
遠く 遠く 離れても
キミが くれた 思い出だけが
胸の 奥で 響いてる

あの日 キミが 不意に 口にした
言葉で 全てが 分かったの

キミは とても 優しすぎるから
なんにも ないような ふりしてる

だから ワタシ キミに ウソついた
『キミの その優しさが キライ』と

もしも 二人 出会わなかったら
こんな思い すること なかった

でもね 時を 戻せるなら
またね キミに 出会いたい
今は キミがくれた この歌
胸の 奥で 歌うよ

今も キミのことが 好きだよ
ココロ 遠く 離れても
キミが くれた 思い出だけが
胸の 奥に 響いてる

今も キミのことが 好きだよ
遠く 遠く 離れても
キミが くれた 思い出だけが
胸の 奥で 響いてる

la la la la la la.......
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hypersaw

Author:hypersaw
ピアプロでは「hypersaw」、ニコニコ動画では「カップラーメンP」として活動中の週末音楽家。リンク、コメント、大歓迎です。

カテゴリ
最新コメント
hypersaw@twitter
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。