世界の片隅で紡ぐ音楽 初めてのミックスダウン~完成

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのミックスダウン~完成

DTMをやっている人にとって、ミキシングというのは永遠の課題なのではないでしょうか。

少なくとも私にとってはそうです。実際にやってみると、これほどに奥が深くて難しいことはありません。それなのに、せっかく苦労して作った曲が生きるも死ぬもミックス次第という面があるため、とてもやっかいです。

ちょうどいい具合に、DTMマガジン誌上でミキシング講座の連載があったので、それを読みながらオケの各セクションの定位、ドライバランスを調節していきます。とくに「echoes」の場合は複数のシンセリードの共鳴でミクの声がかき消されないように気を遣いました。

今改めて聴いてみると、ニコニコ動画でいただいたコメントの通り、キックスがぼやけた感じだったり、色々とツッコミどころは多いな、と思います。

今でもちょっと悩んでいるのが、書き出したMP3のボリュームレベルが上手く上がらないことです。私の曲のMP3をダウンロードして、iPodなどで聴いていただいた方は、他の曲に比べて「音が小さいな」と思われたのではないでしょうか。

「お前のミックス技術が悪いからだ」と言われてしまえばその通りなのですが、バランスや音圧、ボリュームの調整を細かくやって、マスターレベルをクリッピングノイズ発生のギリギリまで引き上げてみても、MP3にレンダリングすると何となくか弱い音になってしまいます。

そこで思いついたのが、FL Studioに付いているデモソング(めちゃくちゃカッコイイ曲が沢山付いているのです!)をMP3にレンダリングしてみること。プロが作ったミックスでも同じ結果になるなら、ミックス技術よりもPC環境に依存している可能性が高いと言えます。

結果は、私の曲よりは良いですが、やはり弱い。というわけで、今後はミックス技術の向上に加え、ハードやソフトなどの環境面も視野に入れた改善策を練った方がよさそうです。

こんな感じでどうにか作りあげた「echoes」を、うさみみさんの素敵なイラストの力を借りてニコニコ動画にアップしました。出来はともかく、完成させることができたということが、その後の創作活動の大きな自信になりました。


次回からは新曲「いいな」のことや、音楽制作にまつわる雑談を書いていこうかと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私がトランスを大好きになったきっかけは、echoesでした。
当時、「凄い!」と感動したのを今でも覚えています。
echoesは私の思いでの曲なのであります。(^o^)

Tokusakaさん、こんにちは。
うわー、そうなんですか、それは嬉しいですね!そうやって誰かの思い入れの中に自分の曲が残っていくというのは、不思議な感覚ですけれども、曲を作ってよかった、と思える瞬間ですね。

お互い、創作活動頑張りましょー!
プロフィール

hypersaw

Author:hypersaw
ピアプロでは「hypersaw」、ニコニコ動画では「カップラーメンP」として活動中の週末音楽家。リンク、コメント、大歓迎です。

カテゴリ
最新コメント
hypersaw@twitter
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。