世界の片隅で紡ぐ音楽 メロディ付け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メロディ付け

良い歌詞は勝手にメロディを連れてくる、というのが、これまでの作曲活動で得た大きな経験です。そういう意味では、この「いいな」の歌詞も、1~2回読んだだけで、現在のメロディがほぼ出来上がりました。

この歌詞は最初、1番と2番が同じ形式で書かれていたので、1番のメロディを付け終わった時点でほぼ100%完成だったのですが、同時にちょっと物足りなさも感じていました。

コラボをする以上、やはりコラボして下さる方々を良い意味で驚かせたい、といつも思っています。それが新しいことへのチャレンジに繋がると思うのです。「いいな」の初版の歌詞は、サプライズを演出する箇所が見当たらなかったのが、その「物足りなさ」の理由でした。

ところが、野分さんに歌詞のある部分の修正をお願いした後に出てきた歌詞が、1番とは違った形式になっていたので、「これは!」と思った訳です。あざといと言えばあざといのですが(笑)、ここで思いっきり盛り上げる展開をつくってやろうと考えました。

そうやって狙って作った部分が、野分さんに大変気に入っていただいたようで、本当によかったです。

このメロディをアレンジするに当たっては、常にある曲を頭に思い描いていました。前のエントリーで「終わりゆく夏の夕暮れ」と書いたのを読んで、勘の鋭い方は分かったかも知れません。

その曲とは、井上陽水の「少年時代」です。次回はそのアレンジについて語ります。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hypersaw

Author:hypersaw
ピアプロでは「hypersaw」、ニコニコ動画では「カップラーメンP」として活動中の週末音楽家。リンク、コメント、大歓迎です。

カテゴリ
最新コメント
hypersaw@twitter
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。