世界の片隅で紡ぐ音楽 阪神淡路大震災から17年

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神淡路大震災から17年

もう17年経つんですね。振り返れば時の経つのは早いものです。

震災発生当時、私は京都にいました。関東で生まれ育ち、地震は慣れているつもりでしたが、突き上げるようなすさまじい揺れに「これはただごとではない」と直感しました。

幸い、部屋の家具などは接地部分にダンボールを挟み込み、壁に立てかけるようにしていたため、本棚から本が数冊落ちてきた程度で済みました。山に近い、地盤の安定した場所にいたことも幸いしたかも知れません。

少し明るくなってからテレビをつけると、そこには神戸の街のすさまじい様子が映し出されていました。ほどなく母親から電話があり、無事を知らせることができました。まだ携帯電話がそれほど普及していませんでした。

当時は社会党政権で首相は村山富市。初期対応のまずさが大きな批判を巻き起こしました。果たしてそのときの反省が、東日本大震災にどれだけ活かされたのでしょうか。

遠いインドネシアの空の下から、改めて2つの大震災で亡くなった方々のご冥福をお祈りしたいと思います。合掌。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hypersaw

Author:hypersaw
ピアプロでは「hypersaw」、ニコニコ動画では「カップラーメンP」として活動中の週末音楽家。リンク、コメント、大歓迎です。

カテゴリ
最新コメント
hypersaw@twitter
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。