世界の片隅で紡ぐ音楽 長かったような、短かったような

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長かったような、短かったような

東日本大震災から一年。日本人はこの一年間、さまざまなことを想い、考えながら過ごしてきました。いや、何かを想い、考えられた人はまだ良いのかも知れません。かけがえのない存在を失い、失意のどん底で過ごした人達も多いことでしょう。

自分達は生きているのではなく、生かされているのだということを痛烈に思い知らされた一年間。僕は、生き残った僕たちまでうつむいているわけにはいかない、被災地に想いを馳せつつ、僕たちこそ前を向いていかなきゃいけないと考えながら過ごしてきました。

亡くなった方々の命を無駄にするのも、意味あるものにするのも、僕らの頑張り次第。復活し、震災前以上に良くなった日本を見せることが、僕らのできる最大の供養なんじゃないかと思います。

でもこの一年、TVニュースやネット、twitter等で見る限り、悲しいほどに日本の再生は進んでいない気がします。知識人たちは口を開けば「原発」。政治も国の力をまとめられず、いろんな問題が噴出し、しかもそれに対する対応がどれも中途半端な印象です。被災地にはがれきがまだ山のように残り、津波の跡地は荒廃したままです。

次の一年こそ、本格的な復興が進んでいく年にならんことを切に願ってやみません。僕は自分の会社が儲かって、ちゃんと税金を納められるように仕事を頑張る。そして家族ともども、命あることを感謝して過ごしていきたいと思います。改めて、亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、被災され、今もまだ不自由な生活を余議なくされている方々へ心よりのお見舞いを申し上げます。


さて、ここのところアパートのネットの調子が良いので、立て続けにいろんな動画を見ることが出来ました。嬉しかったのは敬愛してやまない「ジェミニの人」ことDixie Flatlineさんがボーカロイドを本格的に再開されたこと。




40㍍Pのトリノコシティをラテンぽいエッセンスを含んだハウスにカバー。カッコ良すぎてもう・・・・・。



こちらはDixieさん十八番のR&B曲。メロディラインが凄くDixieさんぽくて、上のカバー曲よりもDixie成分をより多く感じられる曲になってます。

お次はトランス曲。とめPの「BLUE MOON」。



派手さを抑えたアレンジが凄く好みです。エピック的な盛り上がりが好きな人には物足りないかも知れませんが、まさにタイトル通り静かな月夜にゆったりと聞きたい曲に仕上がっています。おススメ!

震災から1年ということで、そのさまざまな思いを歌った曲もアップされています。







あと、これ、元ネタあまり知らんのだけど、アレンジが良いのとルカの歌声が良いのでw



僕も早く次の曲を作りたいなー。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hypersaw

Author:hypersaw
ピアプロでは「hypersaw」、ニコニコ動画では「カップラーメンP」として活動中の週末音楽家。リンク、コメント、大歓迎です。

カテゴリ
最新コメント
hypersaw@twitter
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。