世界の片隅で紡ぐ音楽 メロディ作り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メロディ作り

昨日、ピアプロ企画の投稿が締め切られたのですが、有名Pの方の投稿がぞろぞろと出てきて、凄いことになっています。うたたPさんの投稿は結構早かったのですが、その後Clean Tearsさん、ちゃぁさん、 sunzriverさん、そして極めつけがHMOとかの中の人さん。何か凄すぎてワクワクしちゃってます。

こうして集められた楽曲は、SEGA側から見れば権利関係の問題がない、使いやすい素材なわけで、制作の自由度がかなり高まると思われます。案外、こういうコラボはこれから増えてくるかも知れませんね。特に開発費用が限られている中堅の開発会社のニーズにはまる可能性があります。

さて、「Cosmic Velocity」のメロディ付けですが、順序としては「echoes」とほぼ同じで、まずサビを作り、次にAメロの順です。サビのメロディは、最初はもっと音符が多くて、メロディアスで明るい感じでした。しかし、どうも収まりが悪く、トランスのアレンジにも合う感じがしない。そこでもっと音符を間引いて、ミクの伸びやかな高声を活かせるようなメロディラインに変更し、上へ上へと昇っていく感じをイメージしました。

サビのメロディラインが出来たところで、その部分の仮アレンジを組んでみます。正直なところ、メロディラインだけだと、どんなメロディでもしょぼく聞こえてしまい、先に進めなくなってしまうので、仮アレンジまでは頑張ってやってみることにしています。何度も言いますが、FL Studioは音がめちゃくちゃカッコいいので、大抵のメロディはカッコよくなります(笑)。

今回は企画の要件から、3分前後の長さを目指したので、全体構成としてはイントロ→サビ→ブレイク→Aメロ→サビ、という形にしました。で、サビの仮アレンジが済んだ段階で、この構成のオケをほとんど作ってしまいました。ですので、Aメロはまずコード進行を先に作ってから、最後にメロディを作っています。

Aメロはなかなか思い浮かばなかったのですが、最初の1フレーズを思いついたら、後はすぐに出来上がってしまいました。自分で言うのもなんですが、凄く格好良いメロディが出来たと満足していて、今回の一番のお気に入りの部分でもあります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hypersaw

Author:hypersaw
ピアプロでは「hypersaw」、ニコニコ動画では「カップラーメンP」として活動中の週末音楽家。リンク、コメント、大歓迎です。

カテゴリ
最新コメント
hypersaw@twitter
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。