世界の片隅で紡ぐ音楽 リン&レン ファーストインプレッション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リン&レン ファーストインプレッション

いよいよリン・レンをインストールして使い始めました。

最初は、「うわー、これは手強いな・・・・・・」という印象でしたが、徐々にいろんなことが分かってきました。まずは当たり前ですが、「ミクとは全く違うボーカロイドだ」という認識を持った方が良いです。

特にベロシティやダイナミクスに対する反応がミクに比べると鈍いので、かなり大袈裟に設定してやるといいみたいです。たとえば、音を伸ばすところの減衰感は、ミクだとベタ打ちでもナチュラルに減衰するのに対し、リン・レンは声にパンチ力がある分、減衰幅が小さいので、ベタ打ちだとブツ切れに聞こえてしまいます。

いくつかの歌を歌わせてみたのですが、レン君の声はいいですねぇ。うまく調整してやると、高音が力強く伸びて、ちょっと泣きが入ったような味わいのある歌声になります。

リンちゃんはまだ細かい調整をしていませんが、こちらもミクにはない子音の力強さとパンチ力があります。

もうちょっといろいろいじってみることにします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hypersaw

Author:hypersaw
ピアプロでは「hypersaw」、ニコニコ動画では「カップラーメンP」として活動中の週末音楽家。リンク、コメント、大歓迎です。

カテゴリ
最新コメント
hypersaw@twitter
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。